「フレッシュなハーブやお花で彩りと香りを」


「フレッシュなハーブやお花で彩りと香りを」

 
 
週末ごとに雨が降り
一桁気温かと思えば翌日には夏日、
そんな不安定な気候が続いていますが
体調を崩されてはいませんか?
 
気温差は思っている以上に心身にストレスとなり
免疫力が下がります。
体温が一度下がると免疫力は30%も下がるといわれていますので
身体の深部を冷やさないように
気をつけたいですね。
 
今回は庭や鉢植えで楽しめる
お花やハーブを摘み取って楽しむレシピをご紹介しますね。
 

パンケーキをお花やハーブでデコレーションしてみましょう。
 
食べられるお花のことを
エディブルフラワーといいます。
ナスタチウムや金魚草、ビオラ、カレンデュラ、
サルビア類のお花など、食べられるお花は身近なところに
たくさんあります。
 
無農薬で育てているものを使います。
お花屋さんで購入してきた苗は植えかえて2週間位経ってから
つかいましょう。
 
食べられないお花もあります。
すずらん、ジキタリス、オダマキ、デルフィニウムなどです。
 
季節のフルーツや生クリームなどと一緒に
パンケーキを飾れば
友人を招いて自宅でカフェ気分を楽しめますね。

 

パンケーキを裏返す直前に
お花やハーブを張り付けて、、、、、


数分焼くとこんな感じになりますよ。
 
お子さんと一緒に楽しめそうですね。
 
 
こちらは地物のイチゴがでまわってきたので
氷砂糖とイチゴとお酢で
ビネガーシロップを仕込んでいるところです。
 
お酢はりんご酢を使うとつんとしたクセが少なく仕上がります。
氷砂糖の量はお好みですが
目安は容器の4~5分の1くらいの高さ分です。
 
 
ここにお好みでハーブを入れると
果物とハーブの香りがブレンドされて
とても美味しいビネガーシロップができあがるのでおすすめです。
 
このシロップは浅漬けをつける素としても使えて
大変便利です。
 
 
イチゴに合うハーブは
ミント、レモンバーベナ、バジルなど
 
柑橘系で作る時は
フェンネルやローズマリーもよくあいます。
 
お酢ではなく焼酎で作ればおいしい食前酒になりますね。
体調管理に向く効能も取り入れたければ
シナモンスティックやスターアニス、カルダモンなども
加えると薬用酒のようになります。
 
いろいろ試してみてくださいね。
 
 
イチゴビネガーはワインのような色合いのドリンクになります。
 
疲労回復効果がいっぱいのお酢を
美味しく摂取してこれからの夏の暑い季節を乗り越えたいですね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。