ダイヤモンドリリーの白をひきたてるために

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
3月に入ってから、雪が降ったり止んだりしながらも、雪どけは確実に進んでいます。
もうすぐ卒業、進学…春は別れと出会いの季節ですね。
今日は、なごり雪の白、新しい旅立ち、スタートの意味合いを持つ白いお花のお話です。
ちょっとした手間をかけることで、美しい白に出逢うことが出来ます。
是非、ご一読下さい。

ダイヤモンドリリーの花
その名の通り、花びらをよく見てみるとダイヤモンドの様なきらめきがあります。
写真に収めることが難しいほど細やかなラメのような光を感じることが出来るのです。
是非、お花屋さんで見かけたら花びらをよ~く見てみて下さいね^^

花言葉は 「華やか」「幸せな思い出」「輝き」
陽が当たるとダイヤの様な輝きを見せるので「華やか」「輝き」
また、ブライダルブーケに使われることが多いことから「幸せな思い出」もあるのでしょう。

 

最初の写真と比べてみて下さい。
何かが違いませんか?

最初の写真では蕊を外してあります。
こちらの写真は蕊がついたままの状態です。
蕊が付いているのといないのと…かなり印象が違うと思います。

蕊が付いていると蕊に目がいきますし、蕊のクリーム色に引っ張られて、
ダイヤモンドリリーの白さが 引き立たないことが分かります。

なので、花びらに傷つけないようにそっと、丁寧に蕊を外してあげると良いのです。
外した蕊も可愛くて、それだけを写真に撮ってみましたが、やっぱり可愛いですね♪
よく見ると、微妙に色合いも違って個性がありますね^^

蕊を外すとこんな感じになりました。

すると…ピンクベージュのガクとお髭がちょろり^^
ここも取ってあげるとよりスッキリしますよ♪

蕊とガクとお髭を取りました(撮りました)^^ (笑)。
これはこれで、やっぱり何だか可愛いですね♡
取りましたよ~と、記念に1枚!!

すると…こんなにスッキリと、白さが際立って、一層美しい花姿になりました♪
お花の開きが良くなる分、サイズも大きくなり伸び伸びと花開いてくれるのです。
すると華やかなのに、繊細な美しさと花色の白も引き立ちます。


…という訳で、全員集合!の記念写真♪
ひと手間をかけることで、ダイヤモンドリリーの美を洗練させることが出来るのですね^^

これは、ピンクや他の色のダイヤモンドリリーにも有効です。
ユリやグロリオーサリリーにもおススメの方法です。

蕊を取り除くことで、花粉が散ってテーブルや衣服を汚さずに済むというメリットも大きいですね。
もしも、間違って衣服やカーテンなどに花粉が付いてしまった時には、
慌ててティッシュや布でこすらずに、セロハンテープを裏表逆の輪にして(両面テープ仕様で)
静かに花粉を取り除いてあげましょう!

今が旬のダイヤモンドリリーを楽しんでみてはいかがですか?

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポ, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。