「リースを楽しもう。」


「リースを楽しもう。」
 
きれいだった紅葉のシーズンも過ぎ
雪が降る準備にあわただしくしているころでしょうか。
 
グリーンシーズンは
公園の花壇や街路ます、自宅の庭で
たくさんのお花や緑に樹木に癒されてきましたが
これからは真っ白い季節、
クリスマスに向けて自然素材を活用してリースを作ってみませんか?


今の時期はリース作りに追われる毎日です。
クリスマスディスプレイ展で展示する作品作りをしています。
 
庭で育ったハーブをシーズン中に乾燥させて
保存していたものや
庭木のヒバの枝葉、まつぼっくりなど
たくさんの材料からチョイスして
グルーガンやメルトポット、グルースティック、
針金などの道具を使い固定していきます。
(ホームセンターやネットで購入できます)

 

ローズヒップ(薔薇の実)をふんだんに使ったリースです。
ノイバラなど実がなるバラを庭に植えておくと
リース作りに重宝しますね。

 

松ぼっくりや
シナモン、八角などのスパイスを使ったリースです。
とてもいい香りが漂います。


ヒバやウバユリ、アジサイなどをあわせたリースです。


 

黄色いトウガラシやバラ、ニゲラなどオレンジ系で
まとめたものです。

 

ヒバにオオバンソウ、ローズヒップなど
丸い素材を多く使いブドウつるでアクセントをつけたものです。

 

ユーカリやクルミを取り入れて
ふかふかの毛糸のリボンがアクセントです。

 

こちらは
卓上飾りです。
素焼きの鉢の中に給水スポンジをピッタリとはめ込み
生け花のようにドライ花材をさしこんで作っていきます。

 

こちらは
左右対称になるようにリボン型の壁飾りです。
シナモン,ケイトウ、松ぼっくりやユーカリなど
たくさんの素材が使われています。

 

こちらは
家型の壁飾りにガーデンを作るように装飾をしたものです。
リースの丸い形にこだわらずに
こんなふうにドライフラワーでデコレーションする方法は
子どもたちも手軽に楽しめますよ。

 

こちらも素焼きの鉢に
アレンジメントしたものですが
キャンドルを立てると
クリスマスの雰囲気がぐんと増しますね。

 

飾る素材はお豆でもかわいいですね。
 
リースのようにまるいものには
しあわせがつながるという意味合いがあるようです。
 
クリスマスに限らず
身近な素材で市販の土台にデコレーションして
玄関先に飾るのは楽しいものです。
 
リボンの色や質感でがらりとイメージがかわるので
クリスマスがすぎたら今度はお正月にむけて
水引や羽子板などのちいさな飾りをトッピングするのも
いいですね。
 
百合が原公園で11月17日~12月6日の間
クリスマスディスプレイ展が開催されます。
 
昨年に引き続き会場の総合装飾監修を
わたくし、かりのあさのが
担当させていただいています。
 
お写真で紹介したリースを含め約30種類の作品を
展示していますので
是非、足をお運びください。
会場ではシクラメンやポインセチア、クリスマスの小物やリースの材料販売ブースも
ありますよ。
一足先にクリスマスの雰囲気を
満喫していただけたらと思います。
 
クリスマスディスプレイ展会場
百合が原公園  
          札幌市北区百合が原210番地
          011-772-3511
 
入園料      大人130円
           (入園料免除の年齢、条件等あり)
休園日       月曜日
開園時間      8時45分~17時15分
ホームページ    http://yuri-park.jp/


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク