「クリスマスに向けてリース作り」


「クリスマスに向けてリース作り」
 
雪が積もる季節がやってきましたね。
空気がきりりとして澄み渡り
枝や幹などが目立ってさみしかった山々の風景も
白色で覆われて暖かさすら感じます。
 
この時期は
クリスマスに向けてのリースつくりのお仕事に
追われます。

庭で育てたハーブやお花、山々の恵みの松ぼっくりや

コニファーなど自然の素材を使って作るのが
私の定番です。

 

札幌市の百合が原公園では
クリスマスディスプレイ展を開催中です。
今年は中温室の総合装飾を担当させていただきました。

 

 
20個以上のリースやオーナメントなどを
外国のガーデンクリスマスをイメージした空間を演出しています。
 
 
いくつかのリースをご紹介しますね。
 

アジサイをメインに使った直径50㎝以上のリースです。

 

シナモン、スターアニスなどを使い
スパイシーな香りのリースです。

 

ばら、コニファー、まつぼっくり、アサギリソウ、山アジサイ、
ユバユリなどをふんだんに使ったリースです。

 

アナベルという西洋アジサイがメインのリースです。



 

ピンクのスターチスをアクセントに使ったリースです。
同じ花を使っても雰囲気がかわります。

 

こちらはクリスマスツリーをイメージした壁面かざりです。

 

きれいに紅葉したコキア(ほうき草)のリースです。

 


他にもさまざまなリースが

会場に展示されています。
 
 
春から種や苗を育ててきれいに咲いた花などを
乾燥させて、晩秋にはそれらを使いリースを作る、
自然の恵みに感謝しながら
白い世界に彩りをそえて長い冬を楽しんでみませんか?
 
 
百合が原公園でのクリスマスディスプレイ展は
12月7日まで開催されています。
 11月25日
 12月1日はお休み
 
入館料130円
65歳以上は証明証提示で無料です。

会場にはガーデンテーブルエリアもあります。

座ってゆっくり眺めてクリスマスガーデンの雰囲気を
味わってみてくださいね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

残り1ヶ月の過ごし方で2014年を納得の1年に仕上げる!

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
今年も残すところ1ヶ月ちょっととなって参りました。
この1ヶ月をいかに過ごすかで2014年の完成度が決まると言っても過言ではないでしょう。
そこで今日は大切なこの時期の効率を上げるための色の使い方をお伝えします。

PLAN 残された1ヶ月を計画的に過ごす
やり残したこと、今年じゃなくても良いことなどを改めて書き出してみましょう。
普段から心がけている方も多いとは思いますが、今年中に終わらせてしまいたいことを
思い直ししてみると意外と沢山あったりするものです。
優先順位をつけて、期限を決めて、片っ端からこなしていきましょう。
計画力、計算力を高めてくれるイエローを使うことで自分の思った通りにことが運びます。


DO 自分との約束を守り行動する
計画の見直しが出来たら、速やかに行動に移していきましょう!
1ヶ月はあっと言う間に過ぎていきます。
いつもは嫌なことを先延ばしにしてしまう人も、この1ヶ月はそんなことは言っていられません。
自分で掲げた計画と目標はしっかり行動に移しましょう。
自分との約束を守ることは大切です。
初志貫徹の強い意思をサポートしてくれる行動の色レッドが背中を押してくれます。

CHECK きちんと出来ているかチェックする
やりっぱなしではいけません。
前後の流れを確認しながら、もれが無いかのチェックが必要です。
ホワイトは、そこにきちんと意識を向けて物事をクリアすることを助ける色です。
不必要な物があれば取り除き、場合によっては白紙に戻す勇気をくれる色でもあります。
最終的にトータルな面でのバランスを取ることをサポートしてくれる働きもあります。


マイペースと遊び心も大切に♪
私は時間刻みで仕事を片付けていかなければならない時には、横にキッチンタイマーを置いて時間と自分との闘いを楽しんでいます^^♪
思った以上に効率が上がるので、時と次第によってはおススメです。
ご自身が心地よく物事を進められる方法が1番良いのですが、こんな方法もあることをお伝えしてみました。


今回は、PLAN DO CHECKの3色をご紹介してみました。
是非、自分に必要な色を身近に置いてみたり、着てみたり、食べてみたりして下さい。
そして、意識して使ってみると意外なほど効果があるものです。
2014年が素晴らしい1年として締めくくられること請け合いです!!

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

新・アンチエイジングな暮らしと食卓 8


皆様こんにちは。

ルスツリゾートの野坂でございます。
すっかり寒くなって参りました。
ルスツでは冬の営業に向けて準備を進めております。

皆様も、お風邪など召さぬようご自愛くださいませ。

本日は、先月に引き続き、化学肥料と農薬の悪循環についてお話したいと思います。

かつては、三大栄養素(窒素、リン酸、カリ)の化学肥料だけで、立派な作物が収穫できました。
それはまだ土壌にミネラルが豊富にあったからです。
ところがどんどん化学肥料を使い続けるうちに病害虫が多発し、収穫量も落ち始めました。
それは栄養バランスが崩れたからで、微量ミネラルの量も減っていました。
収穫量が落ちたら化学肥料を増やす、病害虫が出たら農薬を使う、こうして作物は化学肥料と農薬漬けになってしまっています。

微量ミネラルは、作物によって畑より吸収されるので減っていくのですが、昔は食べた残りも糞尿も全て畑に帰していました。
またほとんどの農家は家畜を飼っており、その敷草や糞尿を堆肥として利用し、微量ミネラルもリサイクルされていました。

しかし現在では、収穫された野菜は都市に出荷され、糞尿や残飯はゴミ処理場に行き、焼却されダイオキシンの発生源になって農家の畑には戻ってきていません。

皆さんは連作障害という言葉を知っていますか?
これは作物によって土壌の中の栄養素が違うため、連作すると土壌中の特定の微量ミネラルのバランスが崩れて微生物の片寄りが起こり、作物は土壌病害菌に攻撃を受けやすくなるために起こる現象です。

しかし水田では連作障害が起こりません。
それは毎年、山林の腐葉土や岩礁から流れ出る水を灌がいしているからで、不足している微量ミネラルや腐食酸が常に補給されているからです。

こう考えると、畑作で連作障害を防止するには、不足した微量ミネラルを補給してやれば良いことになります。

人間にとって本当に必要な栄養素とは、量ではなく、質にあり、より多く取り入れるより、栄養バランスの取れた作物を食べることが重要になっています。

【秋鮭のムーニエール エストゥレマドゥーラ風(スペイン料理)】

■材料 4人分
 秋鮭60g  8枚、アーモンドスライス 120g、生ハム 120g、シャンピニヨン 100g、
グリーンアスパラガス 8本、油 100cc、レモン 1個、小麦粉 少々、バター 80g、
 肉の出し汁 小量、塩・胡椒 適量、トマト中玉 1個、海洋深層水 100cc
 (アスパラが手に入らなければサヤインゲン等で代用可)

■作り方
1)トマトは湯剥きしてさいの目に切る。マッシュルームをスライスする。
2)グリーンアズパラガスは3cm長さにカットする。生ハムをさいの目に切る。
3)切り身の秋鮭を海洋深層水に軽く浸してから水分を拭き取り、胡椒をして小麦粉をまぶし、油で両面を黄金色になるまで揚げて油を切ってお皿に盛り付ける。
4)スライスアーモンドとさいの目切りの生ハム、2)のグリーンアスパラガス、マッシュルームのスライスをバターで炒め、肉の出し汁、レモン汁を加えて少し煮立ててから2)のトマトを加えて1)の秋鮭にかけて出来上がり


アンチエイジング・シェフ 野坂精二

アンチエイジング・シェフ 野坂精二 の紹介

ルスツリゾート総料理長 野坂精二 プロフィール 函館出身。多くの有名レストラン・ホテルの調理経験を経て現職へ。 ・(仏)レザミド・キュルノンスキー日本支部会員 ・(仏)オーギュスト・スコフイエ日本支部会員 ・社団法人氷彫刻会準師範 ・社団法人日本調理師会記述奨励賞金賞受賞 ・社団法人日本司士協会アカデミー賞受賞
カテゴリー: アンチエイジングな暮らしと食卓, 家サポ   パーマリンク

クリスマスツリーの由来について☆ 

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
早いもので今年も残すところ1ヶ月半程となって来ました。
街中がクリスマスのディスプレイに変り、BGMもクリスマスミュージックになりました♪
昨年はクリスマスリースについて書きましたので、今年はクリスマスツリーについて書きます。

クリスマスに向けて日本の家庭でも、お部屋やドアにリースを飾ることは一般的になりました。
昔は、クリスマスと言えばツリーとブーツにお菓子が入ったものが主流でした。
他にはサンタさんがプレゼントを入れてくれるであろう長靴下くらいでしたよね。

近年、リースの方が人気があるかな?とも思いつつクリスマスツリーに改めてフォーカスします。

クリスマスツリーの由来
起源はドイツ。クリスマスツリーの由来にも諸説ありますが、ヨーロッパの厳しい冬の中でも葉を落とさない常緑樹(エバーグリーン)は『永遠の命の象徴』として尊ばれ、ドイツ地方の信仰では『もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれる』という信仰から、花やローソクなどでモミの木を飾りつけることで、木に宿る小人がとどまって力を与えてくれるとされています。 なんて素敵なのでしょう♪
また、宗教改革で知れるマルチン.ルターが礼拝の帰りに常緑樹の間にきらめく星の美しさに心を打たれ、子供たちのために再現しようと家の中にもみの木を持ち込み、火のついたろうそくを飾ったことがイルミネーションの由来となったという説もあります。
それ以降、ドイツではクリスマスツリーの飾り付けが一般的になり、やがてローソクが電球のイルミネーションに変り、様々なオーナメントが飾られるようになったと言うことです。

クリスマスツリーのてっぺんに飾る星(トップスター)は、キリストが生まれたベツレヘムへ東方の賢者を導いた輝く星を表しています。

クリスマスツリーの下にはプレゼント
外国の映画などのクリスマスシーンでよく見られるのがクリスマスツリーの下に置かれた沢山のプレゼントです。クリスマスの朝に自分あてのプレゼントを開けるそうです♪
日本では、枕元にプレゼントが置かれているのがポピュラーだと思います^^

 

サンタクロースへのお礼
クリスマス・イブにはツリーの側に、サンタのためにミルクとクッキーを置いておくのをご存知ですか?
サンタはプレゼントを置いて、ミルクを飲んで、クッキーを食べて帰ります。行った先々で、ミルクとックッキーをもらうので、サンタクロースは肥満に悩まされているのだそうです^^
私も子供が小学生の頃に夜中にミルクとクッキーを食べて英語でお手紙の返事を書いたことがあります(笑)。

クリスマスカラーの意味

赤    キリストの血の色、愛と寛大さ
緑    永遠の命、神の永遠の愛
白    純潔、雪、純粋な心
金銀   ベツレヘムの星=富、豊かさ

一般的にはこの4色が代表的なクリスマスカラーとされていますが、ブルークリスマスやホワイトクリスマス、ピンクのラブリークリスマスなど、その年によってトレンドもあるようです。
トラディショナルにこだわるのも良いでしょうし、その年の気分やイメージで飾り付けをするのも楽しいものです♪
 

クリスマスツリーを飾る期間
西洋(キリスト教徒)の考え方ではクリスマスの4週間前(待降節)から2月2日(聖母お清めの祝日)までが一般的と言われています。また、イエスさまがすべての人に顕された記念として祝われる7日の日にクリスマスの飾りを片づけるというのがアメリカなどの家庭では一般的と言われているそうです。日本ではクリスマスの1週間後にお正月があるので、だいたいクリスマスの翌日にはお正月モードへ移行しますね! でも飾っておきたいのであれば年明けまでOKということですね^^
さぁ、今年はどんなツリーにしますか?

季節を楽しむことは開運行動にもなりますので、是非とも飾りたいですね☆
風邪などひかず元気に素敵なクリスマスをお迎えください♪

アトリエ FLORET Rではステキなクリスマスリースやツリーのアレンジレッスンを開催中です。
どなたでも気軽にご参加頂ける1回完結のONE DAY LESSONです。
詳細は下記の画像をクリックして下さい!!

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

家サポセミナー『ハロウィンアレンジメント』ご報告

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
11月に突入し日増しに寒くなり、秋も終わりに近づいてきました。
温かい物が美味しく感じる、温かい色にホッとする季節です。
そんな中、土屋ホームモデルハウスシルフィード・ロッソにて開催された
家サポセミナー『ハロウィンアレンジメントレッスン』のご報告です。

去る10月24日に開催されたハロウィンアレンジメントレッスンです。
今回は、ハロウィンを楽しむだけではなく、見る位置によって秋色のアレンジにもなる
2Wayタイプの花あしらいを楽しんで頂きました♪

プッチーニという名前の小さめのカボチャを丸ごと入れ込んでのアレンジです♪
合わせたお花はオレンジ色のバラとスプレーバラ、フリルのようなケイトウ。
ボルドーとブラウンの中間色のトルコキキョウ。秋色紫陽花。
グリーンはゲイラックスの葉とアイビーを合わせました。
可愛いけれどちょっと大人のイメージも感じる秋の配色です。

光あふれるモデルハウスに和やかな笑顔と花の気が心地よい時間でした。
自由にアレンジして頂きましたが、皆さん、思い思いに表現されて楽しんで頂けたようです♪
お一人お一人のアレンジに少しだけアドバイスとエッセンスをプラスして完成です☆

同じ材料を使っても仕上がりはそれぞれの個性が輝いています。
そのどれもが素敵ですね^^

Trick or Treat?

アレンジメントを完成させてからはティータイムも楽しみました♪
この日はとてもお天気が良い小春日和でしたので、アイスティーがとても美味しく感じました。しかも、金箔が浮かんでいる美容と健康にも佳い仕様となっておりました♪

ハロウィンを楽しむカボチャのマドレーヌとラングドシャの甘さと香りが幸せな気分にしてくれました^^

お花を飾ってのティータイムは格別にステキな時間です。こんな風に花のある暮らしを楽しめる心のゆとりを持つ時間となりました。

勿論、いたずらではなく、おもてなしをさせて頂きました^^

そして、最後に記念撮影!!


皆さんのステキなアレンジを前に笑顔で^^♪
ご参加頂きましてありがとうございました。
また、是非、ご参加下さいませ☆

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク