「ハーブウォーターを抽出してみよう」


「ハーブウォーターを抽出してみよう」

 

蒸し暑かった夏もそろそろ終わりに向かってきました。
朝夕はひんやりする時間が増え
空は高く澄み渡っています。

アゲハ、蜂たちも
蜜集めに一生懸命です。

今回は
ハーブの香りを抽出できる蒸留器について
紹介します。

蒸留器は
ハーブからエッセンシャルオイルを抽出する道具のこと。
精油会社は大きな装置で大量に蒸留するので
精油は安定的にとれますが
自家用の小さな道具で蒸留すると
精油を抽出することがどれだけ大変か、
そして貴重なものかがよくわかります。


 
写真右側の装置には
下段には精製水、
上段にはフレッシュハーブが入っています。

 

下から加熱すると
精製水は沸騰しハーブを蒸気でむらします。


ハーブの香りをまとった蒸気は

中央のパイプを通り左側の冷却水の中で冷やされて
いわゆるハーブウォーターがポトポトと
下段からでてきます。


このように
抽出されたハーブウォーターに
うっすら上ずみにオイルが浮いているのですが
これが精油です。

ラベンダーやローズマリーだと
3mlの精油を抽出するためには
40㎏以上の枝、葉、花が必要です。
 
ローズに至っては3tちかい花びらが必要です。
 

 
 
精油は少ししかとれませんが
副産物として
ハーブの香りと効能、オイル成分を
わずかに含んだハーブウォーターができます。
 
部屋中にフレッシュな香りが漂い
自然と笑みがこぼれます。

 
ハーブウォーターは
精油よりも安全に利用しやすく
化粧水などとして販売されています。
 

 

ラベンダーは
抗炎症、瘢痕形成など
 
ローズマリーは
血行促進、収斂作用、
 
カモミールは
肌荒れ改善や抗炎症など
それぞれの効能がありますので
 
目的に合わせて使い分けすると
スキンケアに役立ちそうですね。
 
 
蒸留器は高価なものなので
気軽に購入できるものではありませんが
体験してみたい方に
おすすめの情報です。
 
滝野すずらん公園で定期的に開催している
くらしの花園ハーブらいふ講座で
9月~10月の間、
 
この蒸留器で私と一緒にハーブウォーターを抽出して
マッサージローションを作り
カイロプラクターの先生に
セルフケアを習うことができる講座が
3回行われます。
 
ハーブの香りの力をかりて
セルフケアをテーマ別に習えるお得な内容です。
 
詳細は
滝野すずらん公園ホームページを
ごらんください。
http://takinopark.com/?p=10537


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: イベント・セミナー, ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

夏の名残をひまわりで楽しむ♪

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
お盆休みも終わり、夏休みも残りわずかとなって参りました。
今年の夏は比較的過ごしやすい気候が多く、数えるほどの猛暑日があった感じでした。
お天気の長期予報によると、すんなり秋に移行していく…とのことでした。
まだ夏を楽しみたい♪ そんな気持ちでひまわりの花をお届けします。

ひまわり…と言えば、真っ直ぐに伸びて太陽に向かって咲く元気な花というイメージですね。
小学生の頃に理科の授業でひまわりを植えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ひまわり=夏 ひまわり=元気 そんな印象をお持ちの方が殆どだと思います。
花言葉は、「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」など、 やはり真っ直ぐで大らかな気質を
感じさせるものばかりですね。正に太陽の花のイメージそのものです。

 近年では、品種改良も進んで色々な表情のひまわりを見かけるようになりました。
花びらの形や花芯の色合いも黒いものから緑や黄色のものもあります。
八重咲きで花びらが密集しているものもあります。

この写真のひまわりの名前は『ゴッホ』です。
お察しの通り名画家の『フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)』のひまわりから名づけられた品種です。なるほど…数種類のひまわりを花瓶に生けたこの作品の右側に描かれているひまわりととてもよく似ていますね。

芸術家の名前がついているひまわりは他にもあります。

こちらのひまわりは、名画『睡蓮』でお馴染みの『クロード・モネ(Claude Monet)』の描いたひまわりより名づけられた品種『モネ』です。力強いひまわりもモネの表現では優しい印象になりますね。

他にも、『ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin)』から名前をとったゴーギャンと言う名のひまわりもあるのですが、今年はお目にかかれていないのでまたの機会にご紹介したいと思います。

写真は、小さく生けたひまわり…その名もサンリッチです。
花の直径は5㎝位と小さいですが、サンリッチと言う名の通りに光り輝いています。
ダークブラウンのテーブルに置いたら夏の名残を惜しむ切なさとひまわりの可愛らしさが引き立ちました。足元に添えたサンキライの実も少しずつ色づいてきました。

夏の疲れを優しく癒してくれるお花をお届け出来たなら幸いです^^

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

新・アンチエイジングな暮らしと食卓 5


ルスツリゾートの野坂です。

美味しい夏野菜がどんどん収穫されていますね。

採れ立ての旬の野菜を使用したメニューも豊富にご用意し、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

今日は、旬の野菜をもっとおいしく食べるためにも、岩内海洋深層水の活用についてお話しいたします。

天然海水塩のことを知ったのは、3年前でした。

それまでは、46年間の調理経験者の私でも何も知らず、精製塩を長年使用していました。


きっかけは3年前、私が塾生をしております札幌『小島 慶三 志塾』の先輩より「調理するには塩にこだわりりなさい」と教わったことです。


安い塩ではなく、海洋深層水から作った健康な塩の教えをいただき、地産地消のこだわりからルスツに近い地域を調べ、岩内海洋深層水塩『星の塩』のことがわかりました。


早速生産者の自宅を訪ね、丁重にお願いをして、現在ルスツリゾート館内で使用しております。


また、海洋深層水も汲み揚げている「岩内町地場産業サポートセンター」より海水を直接購入して使用してもいます。

ルスツリゾートのパンは、水と塩を加えるので海洋深層水をそのまま使用することになり、さらにアンデス高地の人々が食べている、体に良いポリフェノールがたっぷり含まれている健康野菜「ヤーコン」の煮汁を使用し、添加剤不使用で作っているので味は大変好評です。


その他、野菜を茹でる、煮る、各種しゃぶしゃぶ等に大量に使用しているため、1回400Lを月に3回ほど岩内町まで購入に行っています。


私は海洋深層水を魔法の水だと思っています。

じゃが芋を海洋深層水の原液と、一般の水道水に精製塩を加えた水とで茹で、味比べをするとまったく味が違うことがわかります。


秋にトーキビを原液で茹でると、黄色いトーキビがオレンジ色になり、美味しくなります。


ホワイトアスパラガスを一般の茹で方で茹でると苦味があるので、皆さんがマヨネーズをつけて召し上がるのは普通です。

ところが海洋深層水3に対して水1のお湯で茹でると、苦味が無くなり美味しさだけが引き立ちます。


食通と言われている人達が驚きの声を発しています。
全てのカットした野菜を海水3に水1で茹でると味はもちろん良くなるだけでなく、色が素晴らしくなります。料理とはまず始めに見た目から入るので、料理撮影に来たプロの写真家より驚きの質問を受けています。

【茄子のヨーグルトサラダ】
■材料 3人分
 茄子 5本、マッシュルーム 1パック、レモン汁 少々、
 ヨーグルトソース
  ヨーグルト カップ0.5、すりおろしにんにく 小サジ1/3、練り胡麻 大サジ0.5、
  クミンシード 小サジ1、塩 小サジ1/3、白胡椒 少々、香菜・赤玉葱スライス適量
■作り方
 1)茄子はへたを切って皮を剥き、縦に6ツに切り、10分ほど水に漬けてアクを抜く。
 2)蒸し器で1)を5分間蒸して冷ます。
 3)マッシュルームは石づきを切り落として薄切りにして、レモン汁をかける。
 4)クミンシードはフライパンでから煎りし、ソースの残りの材料を混ぜ合わせる。
 5)茄子とマッシュルームを器に盛り付け、4)のソースを掛けて香菜と赤玉葱スライスを散らす。


アンチエイジング・シェフ 野坂精二

アンチエイジング・シェフ 野坂精二 の紹介

ルスツリゾート総料理長 野坂精二 プロフィール 函館出身。多くの有名レストラン・ホテルの調理経験を経て現職へ。 ・(仏)レザミド・キュルノンスキー日本支部会員 ・(仏)オーギュスト・スコフイエ日本支部会員 ・社団法人氷彫刻会準師範 ・社団法人日本調理師会記述奨励賞金賞受賞 ・社団法人日本司士協会アカデミー賞受賞
カテゴリー: アンチエイジングな暮らしと食卓, 家サポ   パーマリンク

(日程変更)「タブレット(iPad)体験会」を開催いたします!

「タブレット体験会」を開催いたします!
教材はiPadを使用します。

                   (写真:iPad)

最近よく「タブレット」という言葉を耳にしますよね。

インターネットをしたり、YouTubeを見たり、写真をとったり、
テレビ電話もできるらしい。
料理のレシピ閲覧や、ゲームもできるらしい。

興味があるけれど、きっかけがない。今さら他人には聞けない・・・
そんな方を対象とした体験会を開催いたします!

(写真:過去のセミナー風景)

■日時:2014年10月3日(金)13時30分~15時
(諸事情により、9月19日(金)10時30分~12時から変更になりました)

■場所:北海道マイホームセンター札幌会場内(シルフィードロッソ)
    札幌市豊平区豊平1条10丁目
■定員:10名(先着順)
■持ち物:なし(教材用iPadは人数分当方にて準備いたします)

■参加費:無料

 ★参加の皆様には洗剤「フロッシュ」を2本とお米3合をプレゼントいたします。

            (写真:洗剤「フロッシュ」)

               (写真:お米「ゆめぴりか」)

■申し込み・問い合わせ:
 1:申し込みフォームへ入力
 2:メール(iesapo@tsuchiya.co.jp
   氏名、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
 3:フリーダイヤル(0120-469-228)
   受付時間9時~18時(水曜日・日曜日・祝日除く)
■その他:体験会当日は、タブレットの販売はしておりません。
■協力企業:KDDI株式会社 コンシューマ北海道支社

皆様のご参加をお待ちしております!


カテゴリー: イベント・セミナー, 家サポ, 家サポセミナー   パーマリンク

土屋ホームお客様感謝イベント『土屋夏まつり』でプリザーブドフラワー体験

ごきげんよう♪ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
8月に入り連日の暑さに夏バテしている方も多いと思います。
栄養補給、水分補給をしっかり行い、健やかに北海道の短い夏を楽しみたいものですね!
さて、土屋ホームお客様感謝イベント『土屋夏まつり』が去る8月3日に開催されました。
昨年に引き続き、私も『夏休みの自由研究対策レッスン』でプリザーブドフラワー作りを担当。
今日はその模様をお伝えしたいと思います。


心もウキウキ楽しくなるピーチオレンジのバラのプリザーブドフラワーをメインに
ピンクの紫陽花とパールの優しい輝きで可愛らしさも添えました。

同じ色合いのオーガンジーのリボンも涼しげな印象です。

会場は土屋アーキテクノ本社会議室でした。
完成したばかりの新社屋は白を基調とした清潔感溢れる心地好い空間。
午前12名、午後12名の女子小学生がプリザーブドフラワーのアレンジにチャレンジしました。
聞いてみると、今回の参加者24名全員がプリザーブドフラワー初体験ということでした。
記念すべき初プリザ体験をご一緒出来て、とても嬉しく思います(^-^)♪

皆さん、小さな手でパーツをひとつひとつ丁寧にアレンジしていきました。
テーブル中央にある小さな電気のお鍋に溶けたロウを使う時も、きちんと約束を守って
注意深く安全に作業をすすめていました。

完成後の記念撮影♪
夏休みの思い出の1ページに いつまでも枯れずに咲いてくれるプリザーブドフラワーを。
楽しみながら夏休みの自由研究にもなるなんて…一石二鳥のイベントです。
他にも無料で美味しい物が食べられたり、餅まきや抽選会などもあり
オリンピックメダリストの葛西選手も会場にいらっしゃって、盛りだくさんのイベントでした。
また来年も楽しみですね!!!

それにしても、例年暑いですね(^-^;♪
きっと、土屋ホームさんのお客様への熱い感謝の気持ちの日だからですね^^

森理恵プロフィール



フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク