梅の花の美しさと春の贈り物

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
3月も残り少なくなって参りました。札幌は春分の日を過ぎても雪がチラついています。
空の色や雲の表情は春を感じさせてくれるようになってきたとは言え桜の季節はまだまだ先。
そこで今日は、先日京都を訪れたときに感じた春をお届けしようと思います。


北海道ではあまり見られない梅の花。
特にこんなに色鮮やかな紅梅はなかなかお目にかかることはありません。
上の写真は、先日訪れた京都の下鴨神社の紅梅です。

御手洗川に架かる輪橋(そりはし)の袂にあるこの紅梅。尾形光琳が国宝「紅白梅図屏風」に描いた紅梅のモデルの木とされ、通称「光琳の梅」と呼ばれています。

梅の花について

ウメには災難を払う力があるとされ、屋敷の鬼門にウメを植える習慣があったそうです。平安時代にはこのウメを「ムメ」と表記する書物が多いことから、これが別名となったともいわれます。別名は他にも「好文木(こうぶんぼく)、木の花(このはな)、匂草(においぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、春告草(ハルツゲグサ)、香散見草(かざみぐさ)、初名草(はつなぐさ)」などがあります。

梅の花言葉

 

 高潔な心、忠実、気品、澄んだ心、忍耐、
独立、上品、厳しい美しさ、あでやか、艶やかさ

どの花言葉も日本人の生き方や所作の美しさを象徴しているステキなものばかりですね。
梅の花を見ていると自分が日本人に生まれて良かったと思えてきます。

春の京都の贈り物


京都清水寺のほど近くにある高台寺・圓徳院のお庭に咲いていた梅の花です。夜、ライトアップされた淡いピンクの梅も趣があって良いものです。
この圓徳院は、秀吉の妻ねね様が19年間余生を過ごされた場所。梅の香りを感じながら風と木々が奏でる音を聴きながら、静かな時間を過ごしました。

京都は28日には桜の開花予想が出ており、この日は既に満開の梅もはらはらと散っていました。その花びらが風に乗って座っている私の側に舞い降りたので、そっと手に取ると…

ほんのりピンクに染まったハートの形でした^^
とても素敵な贈り物を頂いた気がしました。

これから札幌は本格的な雪どけと共に春がやってきます。
梅も桜も一緒に楽しめる北海道も大好きですが、京都のステキな梅をお届けしました。

まだまだなごり雪も降ると思いますので、どうぞご自愛下さいませ。

森理恵プロフィール

 


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポ, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

アンチエイジングな暮らしと食卓 12


皆様、こんにちは。
北海道の冬もようやく終わりを告げて、やっと春めいてきました。
東京の桜の開花情報は3月25日頃。
北海道は5月1日と、まだまだ先になりますが、
桜とともに訪れる「春の香り」を楽しみに待ちたいと思います。
さて、今回のテーマは、 アンチエイジングにとって食事と同じく、
重要な意味を持つ「運動」について、お話をしたいと思います。

「若さと健康は、運動から」
同じ年でも、人によって若く見える人、ちょっと老けて見える人が
いるのは、どうしてでしょうか?
歳をとっても若さをキープできる、美しく歳を重ねるには、
食習慣と生活習慣の他に、「運動」がキーポイント。
運動の効果は、体内の脂肪を減らすことは、もちろん
肩こりなどを軽減する、血流を良くする、骨密度を上げる、
がんを抑制する働きが期待できるなど、良いことばかり。
そして、運動をする人の最大のメリットは、「筋肉がつく」ことに尽きます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒラメの筋肉とマグロの筋肉?!」
筋肉には、白筋と赤筋いう2つがあります。
アスリートの中でも種目別によって、筋肉の付き方が違うというか、
ムキムキの筋肉質の人、細くしまった体系の人など、様々だと思います。
短距離走のような瞬発力を必要とするスポーツと、マラソンのような持続力を
必要とするスポーツは、それぞれ筋肉の種類が違うということです。

お魚のヒラメとマグロを想像してみて下さい。

ヒラメは、日中、海底の砂に潜り、目だけを出して佇んでいます。
獲物が見つかった瞬間に動き出すお魚。一方、マグロはというと、
回遊魚の代表と言われるくらい、海の中をずーっと同じペースで
泳いでいるお魚です。

つまり、ヒラメは、白身のお魚で瞬発力をもった筋肉「白筋」、
マグロは赤身のお魚で、持続力をもった筋肉「赤筋」というように分類されます。
では、アンチエイジングにとって、どちらの筋肉が必要なのか。

「赤い筋肉からはじめよう」
白筋の筋肉は収縮するスピードが速い為、「速筋」といわれ、
その逆に、赤筋は、収縮が遅い為「遅筋」といわれています。
白筋と赤筋、どちらがアンチエイジングにとって力を発揮するのか。
それは、マグロのような持続性を重視した筋肉でできている赤筋です。
この筋肉は、糖や脂肪がエネルギー源となって動く筋肉なので、
鍛えれば鍛えるほど、糖や脂肪を燃焼させることができます。
白筋は鍛えると筋肉が太くなりますが、赤筋は太くなることがありません。
女性には嬉しいお話だと思います。また、赤筋を鍛えることで、
食べたものはすぐ、エネルギーにかわり、太りにくい体質をつくります。
では、おすすめの赤筋肉をつくるためには、どのような運動がよいのか
次にご紹介したいと思います。

「運動は、できることからはじめる」
アンチエイジングに効果のある持続性をもった赤筋をつけるためには、
「有酸素運動」がおすすめです。
有酸素運動のスポーツといえば、マラソン・水泳・自転車・そしてウォーキングです。
先ずは一番身近で、直ぐにはじめられるウォーキングを実践してみてはいかがでしょうか?


 
ウォーキングには、ちょっとしたコツがあります。
それは、歩くスピード! 
いつもの散歩より、速歩をすることで体にかかる重力が増して、
筋肉や骨の強化につながります。ウォーキングに比べてランニングだと、
足や心臓に負担が大きく、ランニングの初心者がいきなりはじめるには
抵抗があると思います。その点、速歩だと安心。
速歩のポイントは、姿勢を正して腕を大きく振る、歩幅は広くとり、
かかとから地面に着地する。全身をフルにつかってウォーキングすることです。
先ずは一日に5分、慣れるにつれて10分、15分と増やしていきましょう。
継続することで体内の余分な脂肪が減り、生活習慣病などの予防にも
結びつくので、できることから、はじめてみてはいかがでしょうか。
春の訪れを感じながら清々しい陽気の中で、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

「赤い栄養素で効率UP!」
アンチエイジングに効果のある栄養素として、最近注目を浴びている
食物由来のカロテノイドの一種「アスタキサンチン」があります。
海老、サケ、イクラの赤み成分が、これにあたります。
この栄養素、もともとは藻類に存在し、それを海老が食べて、
その海老をサケが食べるという自然界のサイクルで成り立っています。
アスタキサンチンは疲労回復と結びつきがあるようで、
運動前の摂取で、筋肉の疲労を緩和し、持続性を上げることが期待できます。
確かに産卵のために川を遡るサケのパワーは、こういった栄養素の力に
助けられて子孫を増やしているのでしょう。
更に凄いところは、メスのサケは産卵の準備に入ると、
イクラにアスタキサンチンを移行させ、紫外線からの影響を
うけやすい卵を守るそうです。
自然のサイクルといえども、「母が子を守る」神秘的な出来事には、
只々、感動するばかりです。
第12回目の「運動」ついて、いかかでしたでしょうか。

実は、今回をもって私の「アンチエイジングな暮らしと食卓」の連載は終わりとなります。
連載をはじめて約1年間、本当にありがとうございました。

これまでの全12回の掲載が皆様にとって、食べることの大切さと
運動の必要性を感じるきっかけとなり、今後、「綺麗に歳を重ねる」ための
お手伝いに、少しでもなられたら、幸いでございます。

毎日を楽しく過ごすことが、なによりもアンチエイジングだと私は思います。
歳をとることは、とっても素敵なこと。
どうぞ、いつまでも若々しく、ハッピーライフをお過ごし下さい!


参考文献「なぜ、あの人はいくつになっても若いのか」
著 者  吉川 敏一
発行所 社団法人 家の光協会



アンチエイジング・シェフ 草野忠幸

アンチエイジング・シェフ 草野忠幸 の紹介

アンチエイジング・シェフ 草野忠幸   アートホテルズ札幌 料理長 アンチエイジングリゾート・ルスツ・アドバイザー北海道アルファ・リゾート・トマム料理長、別府杉乃井ホテル副料理長、東京アートホテルズ大森/浜松町総料理長を務め、2012年より現職。全国で培った経験を活かし、料理のおいしさだけでなく食から作られる「カラダの健康」もお客様へお届けすべくアンチエイジング・シェフとして活躍中。 (社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ、CPA協会認定チーズプロプロフェッショナル (社)日本エスコフィエ協会ディシプル称号、厚生労働大臣認定西洋料理専門調理師
カテゴリー: アンチエイジングな暮らしと食卓, 家サポ   パーマリンク

消費税アップ後のマイホーム新築を応援します!!

消費税アップ後のマイホーム新築

いよいよ4月、消費税が8%になります。マイホームを計画しようと思っていたが、タイミングが悪くまだ計画していない方にとっては「どうしよう・・・」と、悩まれている方も多いと思います。そんな方にも、また、これから住宅を計画する方にも消費税増税に伴う優遇策がありますのでご紹介いたします。上手に活用することで、増税にも関わらずお徳にマイホームのご計画ができると思います。

1.最大30万円がもらえる「すまい給付金」
2.住宅ローン控除、最大400万円(長期優良住宅や省エネ住宅で500万円の控除)
3.省エネ住宅や長持ちする住宅で税金が優遇
4.親からの資金援助、一定額まで贈与税がゼロ
5.2015年3月末日までの請負契約で消費税8%で新築OK

以上が2014年のマイホーム購入時における優遇制度です。詳しい内容もこの後ご紹介させていただきます。

1.最大30万円がもらえる「すまい給付金」は、消費税率引上げによる住宅購入者の負担を緩和するために導入した制度で、消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円を給付する制度になっています。

この制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています。

すまい給付金
※国土交通省「すまい給付金」HPより

この「すまい給付金」は工事代金に充てることもできます。30万円となるといろいろな工事費用に利用できそうですね。消費税増税で建築費の負担は増えますが、この「すまい給付金」「住宅ローン控除」で負担の軽減になると思います。
「住宅ローン控除」も消費税増税に伴って倍増されます。詳しい内容については、次回「消費税アップ後のマイホーム新築を応援します②」でご紹介いたします。

マイホームについてのお問い合わせ、ご相談も受け付けております。お気軽にお問合せください。

「土屋ホーム東京支店」へのお問い合わせ・ご相談
土屋ホーム東京支店への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール tokyoinfo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-228-462

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: 家サポ   パーマリンク

新年度を前に自分の棚卸をしましょう!

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
時の経つのは早いもので、ついこの間新年が明けたと思ったのに既に3月です。
ここ数日、お会いした方やFacebook等の投稿等に共通している話題は『新しいことを始めたい』『変わりたい!』ということです。 春は成長と変化の季節です。
今日はチューリップの様々な表情と新年度への準備の参考になるお話をお届けします。

心ニュートラルに…柔軟に、多面的に

4月の新年度を気持ちよくスタートさせるために自分の中の棚卸しは大切です。
それは、今あるもの(現状)を見て把握することと要らないものは手放していくというシンプルな行動です。
その時に心がけたいのが柔軟であるということ。ものごとは一箇所からだけ見ていると、限られた見え方になってしまいがちですよね?
でも、自分の見方や見る角度を変えてみることで、今まで気がつかなかったことに気づいたり新しい発見が格段に増えるものです。

チューリップの花は横から見るといわゆる子供が絵で描くギザギザチューリップですが、中にある蕊もとても魅力的な表情をしています。
ピンクだと思っていたチューリップの中が黒くてビックリ!なんていうこともあります。

思い込みを変えることで視野が広くなる

今まですごく大切だと思っていたものが、実は自分の思い込みだったり、依存だったり。
それとは逆に、とてもちっぽけでつまらないと考えていたことが夢実現への鍵であったり☆
いずれにしても自分にとってプラスの発見になります。

ちょっと距離を置いてみることも時には大切。
勇気を持って一歩近づいてみることもまた大切。
それは、自分と向き合う時も、日々の人間関係やパートナーシップにも言えること。

様々な角度から見つめる

新しい気持ちになるために 等身大の自分を見つめることは大切です。
上を見ても無い時は下を見て探してみる。色んな所に色んな方法があるはずです。チューリップも上を向いたり下を向いたり自由に咲いています♪

今ここから…いらないものは手放していきましょう! 足りないものがあったら調達すればいいのです。せっかく持っている宝物が埃をかぶって眠っていたら、きちんとブラッシュアップすることもお忘れなく。メンテナンスすれば使えるものや、バージョンアップで最強アイテムに変身させることも出来るかもしれません!
そんな風に考えたら棚卸をするのが楽しくなりますね^^
新年度が待ち遠しいですね♪

 

森理恵プロフィール

 


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

家サポ管理者よりお知らせ

お客様各位

平素は「家サポ」をご活用いただきありがとうございます。
2014年2月10日付にて掲載しておりました、「家サポサイト機能の一部不具合」につきまして、システム復旧が確認できました。皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
期間中のユーザー登録、問い合わせ等につきましては、本日より順次対応させていただきますので、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

                                                    以上


カテゴリー: 家サポ   パーマリンク