家サポ暮らしアップセミナー【ハロウィンアレンジメントレッスン】ご報告

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
今日、10月31日はハロウィンの日です。
去る、25日に土屋ホームの豊平モデルハウス シルフィードロッソで開催された
家サポ暮らしアップセミナー【ハロウィンアレンジメントレッスン】のご報告です。

ハロウィンと言えばカボチャ!! テーマカラーは何と言ってもオレンジですね^^

 

『ハロウィンは楽しくなくっちゃ♪』ということで、先ずはジャンケン大会♪ 勝った方からお好きなカボチャを選んで頂きました♪

色合いも形も個性的なカボチャを選ぶのも楽しいひとときです。

 

 

温かい光のもとで、オレンジとイエローのお花が、より一層温かく見えます。
バラ、スプレーバラ、スプレーカーネーション、レースフラワー、ビバーナムティアス、アイビーがこの日の花材でした。

 

ココットにセットしたオアシスとカボチャをブリキの器に入れてから、お花を生けていきます。
楽しい気分へと導いてくれるオレンジ幸せな気持ちにしてくれるイエローのお花やカボチャ効果で、ご参加の皆さんもおしゃべりを楽しみながらお花に触れていました。
写真からも生き生きとした表情と空気感が伝わってきますよね?

 

それぞれの個性が生きた楽しさいっぱいのハロウィンアレンジメントが完成した後には自分の作品を前に、その名もマリーアントワネットという名の薫り高い紅茶と焼き菓子を楽しみました。
差し入れにはハロウィンバージョンのスヌーピーのお菓子も頂き、より一層楽しい気持ちが膨らみました^^
(もしかしたら、1番喜んでいたのは私かもしれませんw スヌーピー大好きなので♡ ウッドストックが特に好きです^^)

 

皆さまの作品は、モデルハウス内のステキな階段にディスプレイしての撮影会を♪
モデルハウス シルフィードロッソは、洋風の外観と室内の和風モダンが相まって素敵です。
色々な撮影ポイントがあり、皆さん、思い思いのコーナーでお写真を撮ることも楽しみました。

最後に作品と一緒に記念撮影。
思い思いの作品が完成して花とカラーに癒された表情ですね^^
クリスマスやお正月のアレンジメントも開催して欲しいというリクエストを沢山頂きましたので
後日、開催の運びになりそうですよ(^-^)♪
情報は、この家サポブログをチェックして下さいね。

ご参加頂きました皆さま、シルフィードロッソ担当の桑原さま、ありがとうございました^^

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

産業用太陽光発電・メガソーラーのご提案をさせて頂きます

土屋グループではこれから産業用太陽光発電をご計画の企業様や、個人事業主の方などに、太陽光事業化のご提案をさせて頂いています。今回専用ホームページが出来ましたのでご紹介いたします。

産業用太陽光発電は、発電した電力をすべて売る、全量買い取り制なので20年間安定した収入源となります。
太陽光発電における全量買取制度とは、10kW以上の発電規模を持つ施設が対象として、国が定める固定価格(37.8円/kW)で20年間電力会社が、発電された電力の全量を買い取ることを義務づける制度です。
一般的な住宅での余剰電力買取制度との違いは、発電された全量を売電することの他、買取価格の違い(全量:37.8円/kW、余剰:38円/kW)、固定買取期間の違い(全量:20年間、余剰:10年間)があります。

遊休地の活用としてオフィスビルや集合住宅などを建てた場合、入居率によって収益性が大きく変動します。よって常に高入居率を維持するための何らかの策が必要となりますが、そのためには多くの労力と経費が必要となります。しかし、それでも確実に高入居率を維持できるとは限りません。対して太陽光発電所は、短期間での収益では天候によって大きく上下することもありますが、全量買取の場合、買取契約期間が20年間と長期間ですので、天候による収益の揺らぎは平均化され、多くのケースでは計画時の想定発電量の範囲内に収まります。よって建設後は性能の維持にさえ努めさえすれば、不安の伴わない安定した収益源となり得るのです。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の認定を受け、10kW以上の太陽光発電設備を取得し、1年以内に事業の用に供した場合、下記のいずれかの税制優遇が受けられます。
※青色申告書を提出する個人または法人が対象。

その他、太陽光発電所が持つ『再生可能エネルギー』『ゼロエミッション』『CO2排出量削減に貢献』『環境保全』『地球に優しい』などの幾つものイメージは、全て『エコロジー』に通じます。
そういったエコロジーに取り組む積極的な姿勢は、企業イメージの向上に大きく作用します。

今回、土屋グループが、2012年札幌市のさとらんど隣接地メガソーラー設置運営事業者に選ばれたのは、積雪地において効率的に発電させる設置方法が評価されたから。その自社メガソーラー建設・設置・運営を通じて得たノウハウを活かし、これからメガソーラー運営をご検討中の企業様や、遊休地の有効活用をお考えの地主様に発電量シミュレーションを元にした事業計画の立案から、設計・建設、そしてメンテナンスに至るまでをきめ細やかにトータルでサポートいたします。産業用太陽光発電をご検討中の方は是非お気軽にお問い合わせください。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: 家サポ   パーマリンク

電気料金が上がりましたね・・・節電対策をご紹介(2)

前回の「電気料金が上がりましたね・・・節電対策をご紹介(1)」のつづきです。

家サポブログをご覧の皆さんは、自宅の電気料金の内訳ってご存知ですか? 家庭で使う電気製品は大変多く、その電気消費量によって節電対策は違ってきます。あまり使わない電気製品を省エネ化しても効果は少ないですね。出来れば電気料金の値上げされた分ぐらい節電したいと思います。

そのためには、家庭で使われる電気消費の内訳を知ることが重要です。図のように内訳をみると、家庭で使われる電気は、照明・冷蔵庫・テレビで4割以上を占めています。まずはここから節電に取り組んでみましょう。

照明については、こまめな消灯と不要な照明はつけないなどが重要です。家族皆で、照明の消し忘れを防止していくことにより、節電につながりますね。また、照明器具をLEDに変えることでかなり省エネになります。特に電球の照明器具は電気消費量も多いのでLED電球に変えてしまいましょう。

冷蔵庫については、冷蔵の運転時間を抑える事が重要です。冷蔵庫内に物を詰めすぎず冷気の流れを良くすることでかなりの省エネになります。冷蔵庫に食品を詰め込んだ場合と、半分にした場合を比較すると、年間で約1,071円の節約になります。※1冷蔵庫内の設定温度もこれから冬になるので、下げてもいいと思います。

テレビについては皆さんもご存知だと思いますが、画面を節電モードに切り替えましょう。私もそうですが、ついついテレビをつけた状態で、違うことをしていたりします。見ないなら主電源から消すことで節約になります。一日平均約3時間テレビを見る場合、普通モードの消費電力と節電モードの消費電力では、1年間で1,815円※1の差になるそうです。
テレビを見る時間が多いお宅は、必ず節電モードにしてください。
※1北海道電力資料による

その他、待機電力が全体の7%を占めているのも驚きです。ちょっと大変かもしれませんが、使わないときは主電源からきり、コンセントをこまめに抜くなどの対策も有効だと思います。
消費税増税や物価の高騰など、何かと出費が多くなっています。ちょっとした工夫で出費を減らし快適に暮らしたいですね。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: 家サポ   パーマリンク

暮らしの中で活かす花と色の豆知識②

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
10月も残すところ10日となりました。札幌では紅葉が見ごろを迎えようとしています。
本格的な寒さがやってくる前にアウトドアを楽しむのもいいですね♪
そして、外のお楽しみだけではなく、お家の中での暮らしを楽しむことも忘れずに…という訳で
今日は、暮らしの中で活かす花と色の豆知識②をお届けします。


リラックスしたいときに

ストレスが溜まって、なんとなくイライラしてしまいがちなときには、心身ともにリラックスできるベージュ(肌色)やアプリコット(あんず)のような色合いのお花を飾りましょう。 人は、ベージュや肌色から本能的に母親の肌をイメージするのでホッと安心できて、優しい気持ちになれるのです。 自分の子供の頃の写真を取り出して眺めるのも心を癒す効果があります。 子育て中の人は、子供の赤ちゃんの頃の写真を見ると愛おしさ倍増です。

この写真のメインのお花はジュリアという名前のバラです。ミルクティー色のフリルのような花びらがほどけるように咲いていく姿がロマンティックで中の蕊のゴールドも魅力的なお花です。

 

リフレッシュしたいとき

何か新しいこと始めたい!心機一転やり直したいときにはグリーンと白の組み合わせ。 リラックス効果の高いハーブを沢山使って香りも楽しんでみませんか? 伸び行く希望を表すようにアイビーも添えると素敵です。 水に挿しておくだけで小さな根が出て増えてくれるのも嬉しいですね。  こんな白いバスケットにこんもりと行けるのも可愛らしいですし、クリアなガラスの花器に生けるのもより効果的です。

暮らしの中にお花を飾ることは風水的にも開運行動と言われています。
いわゆる人にオーラがあるように植物にもオーラはあります。
特に白(透明)のオーラが多く、また紫のオーラも多く見られます。
白は浄化…空気をキレイにして気の流れを良くしてくれる色なので、なるほど納得ですね。
紫は癒しの色、奉仕の色…穏やかな気持ちに導いてくれる色でもあります。
誰にでも見ることが出来ないオーラの色であっても波動(エネルギー)は受け取っているのです。

お花を飾る=色に触れるということは心と体に良い影響を与えます。
暮らしの中に積極的に、お花を取り入れてみませんか?

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

電気料金が上がりましたね・・・節電対策をご紹介(1)

10月も後半になると、北海道は急に寒くなりますね。暖房を使っている方も多いのではないですか。我が家も、我慢しきれず暖房をとうとう使ってしまいました・・・。が、本州では30度を超える気温になるなど、ちょっと温度変化が激しいですね。

寒くなると気になるのが電気代です。オール電化の住宅はもちろんですが、そうでない方も冬は何かと電気を使います。北海道では9月に電気料金が値上げになりましたが、皆様電気代はいかがでしたか。

我が家は、8月から9月の電気代の差は、236円でした。思ったより高くないかな・・・・と思いましたが、昨年の9月と比べると878円も高くなっていました。そしてなんと・・・・10月は現時点で昨年より1,486円アップ、ちょっとかかりすぎです。
我が家はオール電化住宅ではないのでこの程度ですが、オール電化住宅のお客様はもっと上がっているでしょう。

そこで、今回の「家サポブログ」では、オール電化住宅の節電対策を連載でご紹介いたします。今回は、「IHクッキングヒーター」の節電対策をご紹介いたします。
少しづつの事ですが、こまめに取り組めば効果が出ます、是非取り組んでみてください。

【IHクッキングヒーターの節電対策】
1.タイマーの活用
IHクッキングヒーターのタイマー機能を活用することにより、切り忘れや加熱のし過ぎなどによる無駄を抑え、省エネ効果が図られます。時間のかかる煮物やパスタを茹でる時に活用すると便利です。

2.自動調理機能の活用
IHクッキングヒーターは、自動調理機能があり、きめ細かな火加減設定で無駄な加熱を防ぎ省エネにつながります。特にグリルは、食材にあわせて火力・時間を最適にコントロールしてくれるため、焦げすぎたりせず、ちょうど良い焼き加減で仕上がり無駄な電気を使いません。

3.圧力鍋の活用
蓋や圧力鍋を使い、火がとおる時間を短縮することで、調理時の省エネが図られます。圧力鍋でご飯を2合炊いた場合、通常の鍋では24分43秒で7.24円かかりましたが、圧力鍋であれば、4分42秒で4.40円でした。IHをお使いの方は、一度挑戦してみてください。時間短縮の効果も大きいですが、食べてもおいしく感じると思います。

4.余熱の活用
IHクッキングヒーター対応の鍋は、厚手のものが多いため、鍋の余熱を上手に利用することで節電につながります。これは、鍋の素材にもよりますが、加熱調理後スイッチを切っても、10分程度は80℃以上の余熱が利用できます。

その他、電気料金の夜間時間帯を使うなども節電につながりますね。次回の「節電対策のご紹介」は、電気温水器の節電対策をご紹介いたします。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: 家サポ   パーマリンク