[東京]外断熱と省エネ住宅、建築デザインセミナーのご案内

土屋ホーム東京支店では、玉川髙島屋S・C「コミュニティクラブたまがわ」で建築家と土屋ホームのコラボセミナー「建築デザインセミナー」をご案内をいたします。 4月より3か月連続で、玉川髙島屋S・C 東館4階、総合カルチャーセンター「コミュニティクラブたまがわ」のセミナー会場を利用して、「外断熱と省エネ住宅、建築デザインセミナー」と題しまして、建築家3名によるセミナーを開催します。
「55歳からの住まい方」「建築デザインと窓とかんきょう」「究極の省エネ快適空間とは」などをテーマに、プロの建築家が事例をもとにわかりやすくお話しいたします。もちろん、土屋ホームが主催ですので、省エネ住宅についてやゼロエネルギー住宅についてなどもご説明いたします。

外断熱と省エネ住宅、建築デザインセミナー
居心地の良い家づくり、「デザイン+住宅性能」が作り出す快適空間をご提案

【日時】
①4月19日(日) 講師 ken-ken inc.建築家 / 河辺 近
②5月17日(日) 講師 ㈱エトルデザイン代表 / 高山 正樹
③6月21日(日) 講師 金子勲一級建築士事務所 / 金子 勲
各13:30~15:30 (13:00受付開始)

【会場】
玉川髙島屋S・C 東館4階 コミュニティクラブたまがわ
【住所】
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3‐17‐1(TEL03‐3708‐6125)
【問い合わせ】
土屋ホーム東京支店 フリーダイヤル0120-228-462

◆セミナー内容の紹介
① 4月19日(日) 講師 ken-ken inc.建築家 / 河辺 近
「55歳からの住まい方」
将来安心して心豊かに長く暮らすためには、どのように考えればいいのでしょうか。
いろいろな実例を紹介し、またランニングコスト(電気、ガスなどエネルギーコスト)を抑えることもとても大切です。 抑える為の建物の性能(高断熱、省エネ設備など)についても解り易く事例をご紹介していきます。

② 5月17日(日) 講師 ㈱エトルデザイン代表 / 高山 正樹
「建築デザインと窓とかんきょう」
日本の四季の移り変わりを、住まいに取り込むことを考えて設計をしています。 外部の空間と室内とを結ぶ「窓」の扱いは、建築デザインの大事なポイントとなります。都市の「窓」と大自然の中の「窓」は考え方も見え方も変わってきます。今までに設計した住宅や軽井沢の別荘ほか、写真をまじえて紹介しながら、建築デザインと窓とその外にある「かんきょう」についてお話させていただきます。

③ 6月21日(日) 講師 金子勲一級建築士事務所 / 金子 勲
「究極の省エネ快適空間とは」
なぜ今外断熱か?新築・改築に外断熱建物が一押しのお話をいたします。正しい断熱・気密・換気で快適住宅実現と世界基準の家「パッシブハウス」の秘密のお話をいたします。

 

 
これから新築をご計画の方はもちろん、リフォームや改築をご計画の方など大変参考になるセミナーですので、東京での開催ではございますがぜひお気軽にお申込みください。

土屋ホーム東京支店HP
駒沢モデルのイベント情報やセミナー情報などを発信しています。こちらもぜひご覧ください。


「土屋ホーム東京支店」へのお問い合わせ・ご相談
土屋ホーム東京支店への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール tokyoinfo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-228-462

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: イベント・セミナー, ライフスタイル, 家サポ, 家サポセミナー, 暮らしアップデザイン   パーマリンク

2月9日幸せ住空間セラピスト・古堅純子特別セミナーのご案内

いつも「家サポブログ」をご覧いただきありがとうございます。日頃からお世話になっている土屋グループのオーナー様や、このブログをご覧の皆様にスペシャルな特別講座のご案内をいたします。講師は、印象に残るセミナー展開で多方面から講演依頼が相次ぐ「女きみまろ」と評判の高い、幸せ住空間セラピストの古堅純子さんです。

家が片付き、いつも綺麗なマイホームにしたいと思っている方は多いと思います。幸せ住空間セラピストで整理収納アドバイザー1級の古堅純子さんが、今まで2000軒のお宅に訪問、整理・収納・掃除で幸せ住空間を築くお手伝いをさせていただいた経験から、家族が笑顔になれる快適な住空間づくりについてお話をして頂きます。
『ひるおび!』(TBS)や『ソロモン流』(テレビ東京)などのメディアで大活躍の古堅さん、「やる気がでた」「元気になりました」誰もが笑顔で満足感を持ち帰る古堅純子さんのお話を聞ける、貴重な機会となっています。

2月9日(日)ハウススクエア横浜・セミナー会場で開催いたします。定員100名の無料セミナーとなっておりますので、大変人気の古堅さんのセミナーです、是非お近くにお住いの方はお早目にお申込みください。

★特別セミナー参加希望の方はこちら↓の申し込みフォームからお申込みください★

◆お電話・お葉書でのお申込みの場合(土屋ホーム東京支店まで)
フリーダイヤル 0120-228-462(水曜日休み・9:00~17:00)
お葉書の場合 〒158-0097 東京都世田谷区用賀2丁目35-6 土屋ホーム東京支店まで
●氏名・ご住所・電話番号・参加人数をご記入いただき郵送してください

◆FAXでのお申込みの場合
お申込み専用FAXフォームがこちらからダウンロードできますので、プリントアウトを行い必要情報を記入してFAXしてください。
●FAXお申込み専用フォーム(ダウンロードしてください)
●FAX番号 03-5491-4731

◆特別セミナー会場
ハウススクエア横浜 セミナールームA・B
〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1
会場へのアクセス→[ハウススクエア横浜・会場アクセス]

◆セミナー会場・ハウススクエア横浜◆ 会場地図

「土屋ホーム東京支店」へのお問い合わせ・ご相談
土屋ホーム東京支店への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール tokyoinfo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-228-462

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: イベント・セミナー, ライフスタイル, 家サポ   パーマリンク

ecoエネ交流会・IHクッキング料理体験会を開催しました。

9月29日(日)サッポロファクトリー1条館3F 特設キッチンスタジオで「プロかが教える・最新・IHクッキング料理体験会」が開催されました。今回で2回目の開催で、前回参加された方も含め、約25名の皆様と、最新のIHクッキングヒーターを使っての料理体験を行いました。

写真でもわかると思いますが、素敵なキッチンスタジオお借りしての、本格料理体験会となっております。今回も講師は和食料理人の石川亮一料理長にお願いし、秋らしい料理を4品を作って頂きました。

初めに会場スタッフによる「節電セミナー」として、暮らしの中の節電についてのお話をしていただきました。料理方法によって電力消費量に違いがあり、上手に使うことによって節電できる工夫などを教えて頂きました。
ご飯の保温も4時間が基準で、4時間以上保温するのであればレンジで温めた方が省エネで、4時間以内に食べるのであればそのまま保温した方が省エネになるそうです。

そんな賢く省エネをする工夫を色々教えて頂きましたので、今後この「家サポブログ」でご紹介いたします。

今回の料理体験会のレシピは、①圧力鍋で骨までトロトロ~秋刀魚の甘露煮、②枝豆プリン、ちょっぴりWa!!!fuu、③ちょと先取り・・キノコご飯!④豚肉の生姜焼き・彩りサラダ仕立て、の4品です。前回が3品でスムーズに調理が出来たので、今回は手間のかかるレシピを用意したそうです。

それでは今回のレシピをご紹介します、私は「枝豆プリン」がおすすめですので、是非作ってみてください。

①圧力鍋で骨までトロトロ~秋刀魚の甘露煮(材料4名分)
さんま・・・・・・4尾
生姜・・・・・・・適量
酒・・・・・・・・500㏄
砂糖・・・・・・・50g
味醂・・・・・・・30㏄
濃口醤油・・・・・40㏄
お酢・・・・・・・10cc
大根・・・・・・・3cm4枚
絹さや・・・・・・4枚
長ネギ・・・・・・3本
≪作り方≫
さんまを頭と尾を切り落とし、はらわたを抜き水洗いする。
水洗いした秋刀魚を3~4等分にしリードペーパーの上で水気を切る。
調味料を圧力鍋にいれて一度沸かす。沸騰したら生姜のスライスを加えて粗熱をとる。
秋刀魚と大根スライスを入れて蓋を閉めて、蒸気が上がって来てから20分加圧する。
20分後自然に冷ますのが良いが、急冷してもOKです。
絹さやの筋を取り色よく茹でて斜めきりにし長ネギで白髪葱を作る。
器に大根を敷き、秋刀魚を乗せて白髪葱を天盛りにして絹さやを飾る。

②枝豆プリン、ちょっぴりWa!!!fuu (材料4名分)
枝豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120g(正味)
砂糖大さじ・・・・・・・・・・・・・45g
牛乳(フードプロセッサー用)・60㏄
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・140㏄
ゼラチンパウダー・・・・・・・・4g
バニラエッセンス・・・・・・・・数滴
メープルシロップ・・・・・・・・40g
ミント・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
≪作り方≫
枝豆を茹でて鞘から取り出して薄皮も向きフードプロッセサーに掛ける。
ペースト状になってきたら牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせて滑らかにねっとりさせる。
鍋に移し、加熱してゼラチンを加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れたらバニラエッセンスを
入れて容器に移し、冷蔵庫で冷やし固める。
食べる直前にメープルシロップを掛けてミントの葉を乗せる。

③ちょと先取り・・・・・キノコご飯!! (材料4名分)
お米・・・・・・・・2合
占地茸・・・・・・・1/3パック
舞茸・・・・・・・・1/3パック
生椎茸・・・・・・・4枚(Mサイズ)
三つ葉・・・・・・・1/4
えのき・・・・・・・1パック
煮汁:
出汁・・・・・・・・180㏄
酒・・・・・・・・・35㏄
味醂・・・・・・・・15㏄
塩・・・・・・・・・3g
濃口醤油・・・・・・30㏄
出汁・・・・・・・・適量
≪作り方≫
お米を洗米して30分浸水さけてからざるに上げる。
占地・椎茸の石附を外し、占地は小房に・椎茸は千切りに、えのき・舞茸も占地と同じ大きさに。
煮汁を鍋に入れて先のキノコがしんなりするまで煮含める。
きのこを煮汁から取り出して冷ましてからお米に加える。
(この時に出汁を足してお米の水分量をあわせる)
きのこを加えて炊き上げる。炊き上がったら、
切った三つ葉を加えて混ぜ、器に盛り付ける。

④豚肉の生姜焼き・彩りサラダ仕立て(材料4名分)
豚バラ・・・・・・・・200g
卸し生姜・・・・・・・30g
醤油・・・・・・・・・30㏄
酒・・・・・・・・・・30㏄
レタス・・・・・・・・8枚
水菜・・・・・・・・・1株
パプリカ(赤・黄)・・各1個
胡瓜・・・・・・・・・1本
大葉・・・・・・・・・8枚
塩・胡椒・・・・・・・適量
≪作り方≫
豚肉を一口大に切る。絞り生姜・酒・醤油をボールに入れて切った肉を
加えて馴染ませる(15分以上置く)
レタス・水菜は50度洗いにし、胡瓜は塩磨きして熱湯を回し掛け冷水に取る。
パプリカはそれぞれの芯を外し種ごとスライスして置く。
レタス・水菜。胡瓜を切り揃える。大葉は千切りにして水に晒しペーパーに取る。
豚肉を焼き、器にレタス・水菜を敷いて生姜焼きを乗せ、その上に
パプリカと胡瓜を散らす。

今回の料理は4品と品数が多かったことと、少し手間のかかるレシピで、予定終了時間を大幅に超えてしまいましたが、すべてのグループで美味しくいただく事が出来た事は、大変良かったと思います。次回も料理体験会を企画いたしますので、是非参加してください。

今後も「家サポブログ」では様々なイベントを企画し、情報を発信してまいりますので楽しみにしてください。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: ライフスタイル, 家サポ   パーマリンク

ゼロエネルギーハウス「ベストツーバイゼロ」発売およびモニター募集のご案内

この度、株式会社土屋ホームの計画事業『積雪寒冷地型スマートハウス街区形成開発事業』が、北海道が実施する「平成25年度環境・エネルギープロジェクト形成促進事業」として採択され、その補助の対象として認定されました。
この事業は、「融雪を含めたゼロエネルギー住宅で、積雪寒冷地のくらしをスマートに」というコンセプトのもと、積雪寒冷地ならではの課題(暖房、融雪、除雪のストレス、光熱費の高騰など)を解決するとともに、自立分散型の安全な次世代型街区を提供し普及させていく事を目的としています。

本事業の開発手法とプロセス

(1) 技術シミュレーションに基づいたモデル住宅の建設(3戸)
(2) 設置機器の基本動作の検証、性能検査
(3) モデル住宅の販売と道内モニターの募集及び入居
(4) 5年間の生活モニタリングによる実証

2011年に発生した東日本大震災以降、電力供給のひっ迫した状況が続いているためエネルギーの地産地消や自立分散の動きが活発になってきており、再生可能エネルギーを中心とした普及促進が図られてきています。また、北海道のような積雪寒冷地では冬期間のエネルギー問題は非常に大きく、資源エネルギー庁の調査では、北海道のエネルギー消費は全国平均の約1.7倍となっております。
この事業では、3電池『太陽電池、燃料電池、蓄電池』と地中熱ヒートポンプの共有によるネットゼロエネルギー効果を検証・開発します。
技術シミュレーションは、既に実現性の高い状態でデータ算出が完了しており、実証街区において3戸のモデル住宅を建設します。モデル住宅建設後は、住宅を含めた3電池『太陽電池、燃料電池、蓄電池』や地中熱ヒートポンプなどを中心に、正確な実証データを獲得できるよう設置機器類の基本動作の検証と性能検査を行います。
実証においては、実際にモデル住宅を販売し、道内モニターに入居してもらい効果を検証します。モニタリング調査の中ではデータ蓄積もさることながら、生活を通して道内モニターの暮らしぶりや快適性に関する生の声を収集します。
なお、実証を経ての事業化にあたりましては、生活モニタリングと並行して事業化への準備を行い、機器メーカーへの普及を促進させていきます。また、戸別最適から地域最適化を推進するうえで、北海道内でのスマートハウス街区を整備し、徐々に東北・北陸地方へ拡大展開を想定しております。
本事業の最終目標でもある「積雪寒冷地型スマートハウス街区形成」においては、将来50戸規模での新規街区の形成を視野に計画を進めており、新しい積雪寒冷地型街区のモデルケースとして普及を目指してまいります。

  1. ネットゼロエネルギーハウス(2×6充填断熱+外断熱のW断熱、窓改良、高効率熱交換型換気によりQ値0.7を達成)
  2. 積雪寒冷地型スマートハウスデザイン(太陽光発電設備の導入量最大化、除雪等のストレス解消、融雪面積の削減など)
  3. 太陽電池、蓄電池、燃料電池による動作連携と季節毎発電量の平準化
  4. 地中熱ヒートポンプ(採熱井戸の2戸共有化によるコスト低減)

道内モニター募集について
道内モニターの募集にともないまして、ネットゼロエネルギーハウス「ベストツーバイゼロ」を発売いたします。
除雪ZERO + 光熱費ZERO
北海道で採択された、積雪寒冷地スマートハウスです。
【モニター募集条件】
■積雪寒冷地で生活を経験されている道内居住者とします。
■モニタリング調査は5年間行います。
■データ蓄積を行いながら、実生活を通しての暮らし方や快適性に関する感想や意見をお聞きします。

 

■お問い合わせ・パンフレットのお申込みは「お問い合わせ」フォームに「ゼロエネルギーについて」とご記入ください。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: ライフスタイル, 家サポ   パーマリンク

土屋ホーム、お客様からの「評価」に感謝いたします。

家づくりは家族の一大行事、大きな決心をされ購入を決めたとき、皆さんはどの様に思いましたか。また、購入後どんな出来事が家族にありましたか。

今回「家サポキャンペーン」第一弾として、マイホームの新築やリフォームをされたお客様に、マイホームについてのエピソードを募集しました。
大変多くの方から心温まるエピソードを沢山いただきました、そして土屋グループにも大変ありがたい評価を頂き本当にうれしく思います。今回その中の一部ではございますが紹介させて頂きます。

岩手県盛岡市、澤田様のエピソード♪

岩手県盛岡市にお住いの、澤田様は障害のある6歳の息子さんと、その成長を心から喜ぶ奥様、それをやさしく見守るご主人様、かわいい1歳の娘さんの4人家族、そんな素敵なご家族のマイホーム購入にまつわる感動エピソードです。

←こちらをご覧ください


北海道札幌市、蝶野様のエピソード♪

札幌市豊平区、北海学園大学の裏手の住宅街に、蝶野さんご夫婦が経営するCaf’e Estrada(カフェ エストラーダ)があります。9年前に自宅を改築してご夫婦の夢だったカフェをオープンさせました。今回はその時の素敵なエピソードをご紹介いたします。

こちらをご覧ください→

お客様の大切な財産を販売する私たちには、このような評価は本当にうれしいく有り難いと思っています。私達はこれからも、多くのお客様に喜ばれる家づくりに全力で取り組み、感動のマイホームを皆様にお届けしたいと思います。

今回の「感動エピソード」は、この2件の他にも多数いただいております。「家サポ」ホームページの、「オーナーズVOICE」に随時掲載してまいりますので、是非ご覧ください。

「家サポ・オーナーズVOICE」はこちらです、是非ご覧ください。

「家サポブログ」へのお問い合わせ・ご相談
家サポ事務局への「お問い合わせ・ご相談」はこちら  メール iesapo@tsuchiya.co.jp
お電話でのお問い合わせ 0120-449-228

土屋ホーム 今崎秀貴

土屋ホーム 今崎秀貴 の紹介

土屋ホーム東京支店 支店長 今崎 秀貴 家サポブログ管理者として、本州地区の家作りに関する情報や、モデルハウスで行うイベント情報を発信いたします。
カテゴリー: ライフスタイル, 家サポ   パーマリンク