「春らしいワンプレートランチ教室でした」


「春らしいワンプレートランチ教室でした」

毎月1度開催されている
土屋ホーム北24条モデルハウス会場での
ハーブ教室で

春に向けてのランチプレート作りを楽しみました。

写真 クッキング1

冬の間になまってしまった身体をリセットするべく
デトックス効果の高い食材や
発酵食品をふんだんに取り入れてみました。

もちろん
ハーブやスパイスもたっぷり使っていますよ。

写真 クッキング2

モデルハウスの広々としたキッチンで作業するのですが
カウンターが広いので大変使いやすく
10人ほどの参加者のみなさんと手分けをして
数品をあっという間に作ることができます。

まるで友人の家におじゃまして
一緒にお料理しているような居心地の良さを感じます。

写真 ランチプレート

完成したランチプレートは
ボリューム満点です。

サラダにはベビーリーフやスプラウトをふんだんに。
新芽は栄養価が高く、また生命力も豊富です。
春先にはどんどん摂りたい野菜の1つ、

フレッシュハーブも刻み
スーパーフードのキヌアのパフをぱらぱらと
ふりかけアーティーチョークのマリネを添えています。

ビオラのお花はエディブルフラワーとして 食べられるものです。
お花を添えるだけでも春らしくなります。

最近はスーパーの野菜売り場に
エディブルフラワーが売られていますので
気軽に利用できますね。

シイタケや厚揚げ、ひき肉のお料理は
黒糖ジンジャースパイスシロップを使い
生姜焼き風の味付けになっています。

スパイスと生姜の効果で
身体が内側から温まり代謝アップのサポートをしてくれます。

春巻きの中にはアボガドやチーズ、お豆などが入っていて
味付けはひしおとハーブミックスソルトだけ。

お好みでハーブビネガーや
カレーパウダーをトッピング。

塩分をできるだけ控えているのに
しっかりした味わいで物足りなさはありません。

主食のごはんは白米の他に
発芽玄米、押し麦、黒米、ビタバレー、アマランサス、キヌア、チアシードなど
たくさんのスーパーフードと一緒に炊いているので
食物繊維が豊富で満腹感もあります。

雑穀とよばれているものは
みんなハーブの仲間なんです。
植物の「種」になる部分には、発芽して成長するための栄養素がぎっしり詰まっています。

浅漬けは玄米麹で漬けたもの。

この日のメニューは今までの講座で作ってきた
ハーブ調味料などをフル活用したものばかりでした。

写真  クッキング3

参加者のみなさんと楽しい試食ランチタイムです。
トッピングの組み合わせやアレンジメニューなど
たくさんの情報交換ができるのも
この講座の醍醐味です。

写真  スプラウト種

スプラウトは自分で簡単に育てることができます。

スプラウト専用の種を購入して 日光が当たらないように箱などをかぶせて水栽培をして
発芽したら日光にあてるだけです。

園芸用の種には発芽促進剤がかかっていることが多いので
必ずスプラウト専用の種を使ってくださいね。
園芸店やホームセンターで販売されています。

写真  ブロッコリー

自分でそだてたものは味も満足度も格別です。

写真  お料理イメージ

スプラウトはフレッシュで頂いた方が
栄養価が逃げません。
お料理にちょっとそえてみましょう。

土屋ホーム北24条STVハウジングプラザ会場では
毎月1度、木曜日にハーブ教室を開催しています。

5月は25日(木)11時~
「ドレッシングアラカルト3種類を楽しもう」です。

手軽に作れるドレッシングを3種類作ります。
ハーブやスパイス、発酵食品をプラスすることで
味わいが深まります。

これからの季節は自家製のフレッシュハーブを使う頻度が増えていきますので
興味のある方はぜひお問い合わせくださいね。

ワンプレートランチ形式で
参加費は2700円です。
申し込み詳細は かりのあさのホームページ「今月のハーブ教室」バナーでご確認ください。
http://karino-herb.com/train.php


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「冬から初春へ」


「冬から初春へ」

暖かさと寒さが行ったり来たりしていますね。
北海道ではまだ雪がたくさん残っていますが
あと1か月も経てばふきのとうの姿をみられる季節になりました。

冬の間の疲れが心身に出るころでもあります。
今回はそんなときに摂ってみたい身近にある
ハーブや漢方食材について
ご紹介したいと思います。

自然の動植物が春に向けて目覚めていくのと同じで
私たちの身体や心も長い冬から目覚め始めて
不安定な状態になると言われています。

冬の疲れが出てきたり
花粉症や土埃などのアレルギーに悩まされる人もいますね。


写真 くこの実

くこの実はよくデザートなどに使われているものですが
老化防止や眼精疲労、滋養強壮の働きから
「仙人の杖」と言われています。


写真 くるみ

くるみは栄養価が高く漢方では気を補う食材として、また
血管を丈夫にしたり抗酸化作用が期待出来るので
最近ではアンチエイジングの食材として人気が高まってきました。
(クルミは温の食材なのでのぼせの強い人は摂りすぎに注意しましょう)


写真 常備菜

くこの実とクルミをカボチャやポテトのサラダに加えるだけで
簡単に摂ることができますね。


写真 さんしょう

サンショウはミカン科のハーブで毒消しや胃腸をあたためてくれたり
消炎作用や食欲増進が期待できるハーブです。

北海道でも路地越冬でき庭に植えておくと重宝するかもしれませんね。
パンと手のひらで叩いてから使うのは
香りの成分を出すためです。
この香りの成分に効能があるからです。


写真 パスタ

和風味の納豆パスタに
サンショウをたっぷりふりかけていただいてみませんか?
抗菌、鎮咳、去痰、整腸作用などがある大葉と
栄養たっぷりのアルファルファと一緒に
トッピングしてみました。

大葉もお庭で簡単に育つハーブです。
薬味のイメージが強いですが
乾燥させてビタミンたっぷりのお茶として飲むのもおススメなんです。


写真 バジル

また、同じシソ科のバジルと一緒に使えば
両方のいいとこどりの香りになり
年齢性別問わず好まれる風味になります。

春になると山菜をよく食べますが
これらもデトックスの働きがあり
冬の間にたまった身体の中の毒素を排出すると言われています。

知らず知らずのうちに
季節に合わせた食材を使っているのかもしれませんね。

一般的にセリ科の植物は
デットクス効果が高いと言われています。
最近人気のパクチーもセリ科のハーブですね。

女性は季節の変わり目にホルモンバランスを崩しがちなので
イソフラボンを含むお豆類を摂ることをおすすめします。


写真 お豆

お豆も立派なハーブの仲間です。
お豆を炊くのは手間がかかりそう、と思ってる方も多いでしょう。

一晩水に漬けたお豆を炊飯器で炊くという簡単な方法もありますよ。


写真 チリコンカン

炊飯器で炊いたお豆を使って
チリコンカンも簡単に作れますね。

春に向けて デトックスを進めて体調を崩さないよう過ごせるといいですね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「育てやすいハーブ・花たち」


家サポブログをご覧のみなさま、
こんにちは。
ハーブ研究家の かりのあさのです。

今シーズンは寒い冬ですね。
札幌でも氷点下二桁の厳しい冷え込みが続きました。

たくさん積もっている雪の下では
植物たちが春を待ちわびています。
北国の春は遅いのですが
今回は育てやすくかわいい花が咲く種類を
いくつか紹介したいと思います。

種まきからでも楽しめるものもありますよ。


写真  ナスタチウム

キンレンカとも呼ばれ
春の早い時期に店頭に並ぶハーブです。
お花も葉っぱも食べられるエディブルフラワー、
クレソンのような風味が特徴です。
どんどん伸びてきたら茎ごとゆでておひたしにどうぞ。

丸い大豆のような実はさっとゆでてから
ピクルスにつかうとケッパ-の代わりになりますよ。
茎をどんどん伸ばして成長しますが
牛フン系の肥料を与えると花つきが悪くなるので
気をつけましょう。


写真 カモミール1

ジャーマンカモミールは1年草扱いですが
黄色い部分の種がこぼれ毎年発芽して成長します。
りんごのような甘い香りのハーブティーとして有名ですが
メンタル面からくる腹痛などを和らげてくれたり
ホットミルクと一緒にミルクティーとして飲めば
安眠にもよいとされます。

増えすぎて困る時には
花がつぼみのうちにカットしておけば
種がこぼれないので対応しやすくなりますよ。


写真 カモミール2

こちらはローマンカモミールです。

種からでも簡単に育てられます。
ローマン種は越冬してくれます。
ジャーマン種と香りは似ていますが
味は苦めです。


写真 カモミール八重

ローマンカモミールには八重咲きの品種もあります。
ポプリなどに使うときに重宝しそうですね。


写真  ダイヤーズ

背後の黄色いお花は
ダイヤーズカモミールです。
北国でも越冬します。

黄色い花は染料として使われることがありますが
食用には向きません。
こちらも種でよく増えますし
大きく育つので半分くらい刈り詰めると再び花を楽しむことができるので
ガーデンで使い道の広いハーブです。

ちなみに
手前で咲いているオレンジ色の花はアガスタケという種類で
ミントに似たすっきりとした芳香のあるハーブです。


写真 オレガノ

香辛料などでも知られるオレガノは
生育旺盛で油断するとどこからでも発芽する強健なハーブです。
生で使用するより加熱、乾燥させたほうが
甘い香りが強くなります。
花が咲き終わって種になりきる前の花穂が
香り豊かですよ。

増えすぎることが心配な方は
コンテナや鉢植えで管理してくださいね。


写真 ソープワート

サボンソウと呼ばれることもあるのは
石鹸の成分サポニンを含んでいるから。

食用には向きませんが強健で育てやすく初心者には
おススメの観賞用ハーブです。
こちらも、、、こぼれ種でどんどん増えますよ。

写真 ヤグルマギク コーンフラワーとも呼ばれ1年草扱いですが
こぼれ種で翌年発芽する丈夫なハーブです。
白色、ピンク色など他にも花色があります。

紅茶にブレンドされているヤグルマギクはこの花ですよ。
消化促進効果や口内炎によいと言われています。


写真 こぼれ種

前の年にこぼれた種から成長し続けている
ヤグルマギク、リナリア、アグロステンマなどです。
自然体で育つ姿が気に入っていました。
春に小さな芽がたくさん出てきたら抜かずに
少し様子をみてみるといいですね。


写真 ジニア

ヒャクニチソウとも呼ばれる丈夫な1年草です。
花期が長く最近では八重咲きのものや背丈の高いもの、
様々な色や品種がでていて
私自身も好きな花のひとつです。

小学校の花壇や街路ますなどにも
取り入れています。


写真  公園花壇

公園の花壇でも人目を引くので
宿根草メインの花壇のさし色におすすめです。

花やハーブには
同じものにいくつもの呼び名があり混乱しがちですが
店頭ではなじみのある呼び名で表記されることが多いようです。

強健でよく増える種類は初心者には向いていますが
年数が経ちある程度管理できる腕になると
邪魔に感じる存在へ変わっていってしまうことも。。。

ハーブは増えすぎて困るものばかりではなく
増やすことが難しい品種もたくさんあります。

増える原因(種がこぼれる,地下茎が横断する、など)を見極めて
管理の方法を変えると解決できるので
好きなお花やハーブを育てて
楽しんでもらえたらいいなと思います。

まずは雪が解けてから。。。
それまでは
何を植えようかわくわくしながら過ごしてみませんか。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「ホワイトカラーに想いを寄せて」


「ホワイトカラーに想いを寄せて」


あけましておめでとうございます。

いつも「ハーブライフ暮らしのデザインブログ」を

ご覧いただきありがとうございます。

 

みなさまにとって

笑顔溢れる日々に恵まれる年となりますように。

 

札幌の冬、今年は大雪に見舞われて

窓の外は真っ白な世界になっています。

 

冬に間はホワイトカラー一色なので

緑やお花の色が恋しくなります。

でも、よく考えてみると庭には白い花が咲くものが

あちこちに植えてあります。

 

白はまわりを引き立て、夕方の庭に

明るい空間を作ってくれる貴重な色。

 

窓の向こうの降る雪と同じ色の花たちは

どんなんだったかな、と思いをはせて

庭で咲く白い花たちを思い出してみました。


 

ドクダミの花は裏庭にたくさん咲いています。

個性的な香りの和ハーブですが

花が咲くころが一番効能が高いと言われています。


オルレアの花。

札幌では越冬できないので1年草扱いですが

そっくりなお花を咲かせるノラニンジンで代用できるかも。


 

山アジサイの「ふじのたき」。

背丈も低く華奢に見えますが

とても丈夫。

花は色変わりしていきます。


 

アイビーゼラニウム

他にも色の種類がありますが

私はこの八重咲きの種類が大好きです。


 

アップルゼラニウムのお花はとても小さいのですが

つくりが凝っていて魅力的です。

花後の種を土に埋めておくと簡単に発芽するので

増やす楽しみもあります。


 

ニラの花です。

ニラは虫除けにもなるので庭のコンテナに寄せ植えしています。

ちいさなお花がボール状に咲いていいアクセントになっています。

越冬するので重宝しています。

小さなお花はエディブルフラワーとして使えます。


 

ブットレア蜜源植物としての役割もあります。

甘い香りのする花にたくさんの蜂が集まり

庭や畑の受粉を助けてくれています。

 

ブットレアには

他にも紫や黄色、ピンク色などがありますよ。


 

大きく成長したサラサウツギはたくさんの花をつけてくれるようになり

夕方でも周り一帯が明るく感じるほどです。

近年は甘く良い香りも漂うようになってきました。


 

銅葉のコデマリの花、

小さな花をドーム状に咲かせます。

 


サラサウツギの隣に植栽しているので

銅葉と白のコントラストが庭の中でのフォーカルポイントになっていて

大好きなエリアです。


 

ニゲラの花は作りが繊細ですよね。

いろいろ品種があるようです。


 

ジャーマンカモミールは

まわりに甘いりんごの香りをふりまいてくれます。

咲き始めを摘みお茶にしたりお風呂に入れたり

大活躍しています。


 

ソンブロイユという名のオールドローズです。

100枚以上の花びらをまとい上品な香りを持ち合わせているので

蒸留によく使っています。

 

まだまだ

紹介したい白い花はありますが(笑)

しばらくは雪の結晶をお花に見立てて

春に向けての準備をしたいと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「おもてなしデザート」


12月に入りましたね。
年末に近づき何かと忙しく過ごされる方も多いのではないでしょうか?
 
グリーンシーズンが終わり真っ白な雪に囲まれていく
これからの季節は
スパイスが何かと重宝します。
 
今回はふだんから私がお勧めするスパイスを数種類使った
クリスマスや年末年始にピッタリの
フルーツコンポートをご紹介しますね。

写真/カルダモン
 
これはカルダモンというスパイスです。
大変高価なスパイスですが少量で十分香りを楽しめます。
消化促進や駆風の働きがあり
甘くスパイシーな芳香です。

 
写真/スターアニス
 
八角とも呼ばれるスパイスで豚の角煮の定番です。

臭み消しに使われるとよく言われますが
スターアニスの甘い香りで料理の甘味感を強める目的で
使われるものです。
やはりこのスパイスにも
食欲増進効果が期待出来ます。

 
写真/しょうが
 
これは生のショウガを厚めにカットして乾燥させた
「乾姜」です。
しょうがは乾燥させたり熱を加えることで
身体を温める作用が強くなりますので
冷え症の方にはこちらがおすすめです。
 
写真/クローブ
 
丁子とも呼ばれている独特の香りのスパイスです。
軽い麻酔作用があるので歯の痛み止めなどに使われることもあります。
少量で十分香りますので
料理に使うときは少なめに。

 
写真/シナモン
 
一般的にはタバコサイズのシナモンや粉末をイメージされると
思いますが
シナモンはクスノキ科の常緑樹の樹皮を
はぎとって乾燥させたものです。
 
上記で紹介したスパイスと大変相性が良いので
ブレンドして使います。
 
シナモンには
身体を温めてくれる作用があるので冬にはぴったりですね。
 
写真/フルーツ
 
これらのスパイスを使い
秋~冬のフルーツコンポートを作ります。
千両梨やりんごがおすすめです。

 
写真/ワイン煮

皮をむいたフルーツをお鍋にいれて
赤ワイン1本を注ぎます。
数百円のワインで十分です。
 
スパイスは
写真のフルーツに対して
カルダモン3粒
クローブ2本
しょうが5~8片(生の生姜でもOK)
シナモン(スティックだと5~8本位)
スターアニス1~2個
はちみつ(甘みはおこのみで)
柑橘類もお好みで。
 
これらを入れて30分位煮込んでから
お鍋ごと冷まします。
一晩~2日、置く時間が長くなるにつれて
フルーツの中に味がしみ込み
スパイスの香りも強くなるので
 
時々味見をして自分好みの味になったら
スパイスを取り出してくださいね。

 
写真/ゼリー

残ったワインはフルーツポンチに使ったり
ドリンクとしていただけるほか
ゼラチンを溶かせばゼリーができます。

 
写真/はちみつに
 
今回使ったスパイス類は
ナッツ類と一緒にはちみつ漬けを楽しむことができます。
(ワイン煮で使ったものではなく新しいスパイスで)
 
はちみつに香りが移りとても美味しくなります。
このはちみつをミルクティーにいれれば
インドの定番ドリンク、チャイの風味になりますよ。
 
クリスマスや年末年始のおもてなしに
いかがですか?
 
今年もハーブらいふ暮らしのデザインブログをご覧いただき
ありがとうございました。
来年も楽しく美味しいハーブライフ情報を
発信できたらと思います。
 
少し早いですが
みなさま
よいお年をおすごしください。

写真/赤ワイン煮 

ハーブ研究家
かりのあさの


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク