雨の日の輝く世界

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
8月の声を聞いてから、連日暑い日が続いていますね。
近年、北海道の夏は湿度が高く蒸し暑い日が多くなりました。
ここ数日は、天気予報に傘マークが出ていなくても通り雨のような夕立が降ったりしていました。
今日は、雨上がりの花や緑に宿る光と水の美しさをお届けします。

雨が最も似合うお花と言っても過言ではないのが紫陽花ですね。
前回のブログ『紫陽花の魅力をお届けします。』でもいくつかご紹介しましたが、鉄板ですね^^

紫陽花の青や紫が雨に洗われて、一層色鮮やかに輝く姿に心奪われます。
雨が降っている時も雨上がりでもカメラを持って輝く紫陽花に会いに行きます♪

 

こちらの写真は、紫陽花の葉に輝く雨粒です。
ググッと寄って、キラキラ感を撮りました。
葉っぱの端のカーブに溜まった雨が、今にもこぼれそうなドキドキ感がたまりません^^
グリーンの世界…フレッシュな気分にさせてくれますね。

 

こちらは、紫陽花の枝から枝にかけられた蜘蛛の巣です。
向こう側に見えるのは紫陽花のお花です。
まるで宝石のような煌き…蜘蛛さん、いい仕事しています^^
庭などで、うっかり蜘蛛巣に引っかかってしまった時には、テンションガタ落ちになりますが、
雨の日の蜘蛛の巣にはテンションマックスになってしまいます(笑)。

 

こちらも蜘蛛の巣と雨粒が創りだした世界です。
まるで宇宙の星々の様にも見えます。
幾何学的な蜘蛛の巣ではなく、何かの拍子に切れてしまった蜘蛛の巣なのでしょうね。
その計算されていない感に心ときめいた1枚です。

 

こちらは、縦長の粟みたいな植物です。
雨粒が一所懸命落ちないようにぶら下がっている姿が可愛らしくて♡
まるで皆で仲良く暮らしているみたいに見える 『雨粒団地』なイメージです。

 

庭先のツツジの葉に見つけた雨粒です。
少し毛羽立ったような 葉の表面も雨に濡れて落ち着いています。
表面を潤した雨が、葉先で休んでいるのを撮りました^^
周囲の光が『お疲れ様』と労いながら照らしてくれているようです♪

 

庭に咲いている小さなバラです。
寄っているので大きく見えますが、花自体は1cm位のミニバラです。
雨粒をいっぱい身にまとって、なんだか神々しさを感じました。

雨の日の優しい光の中で、ステキなシーンに逢うことが出来ます。
そう思うと、雨の日が大好きになりますよ^^
私は、子供の頃から雨の日【も】大好きです。 いくつになっても変わりませんね(笑)。

 

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

紫陽花の魅力をお届けします。

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
7月に入り、公園や家庭の庭先でも紫陽花の花を多く見かけるようになりました。
紫陽花は色合いも花びらの表情も多種多様で、魅力的なものが沢山ありますね!
そこで、今日は初夏の紫陽花のご紹介をお届けします。

紫陽花は涼しげなブルーや淡い紫など、夏の暑さに涼を運んでくれますね。
この写真は、6月に鎌倉の報国寺での1枚です。
報国寺と言えば竹林が有名なのですが、ひっそりと咲く紫陽花もステキでした。
グリーンからほんのりブルーへと色をつけた姿に心惹かれて撮りました。

 

こちらは、同じ日に訪れた鎌倉明月院(あじさい寺)での1枚。
明月院は紫陽花の時期には多くの観光客で賑わうので、覚悟しながら行きましたが、本当に人が多くて、紫陽花の数ほどの人がいて、写真を撮るのは一苦労でした^^;



こちらの紫陽花は花びらが重なり合った八重咲きのものです。
花びらの色合いがパステルで色を重ねたように優しい印象です。
沢山寄り添うように咲く姿が可愛らしいですね♪



紫陽花の魅力と言えば、雨の日の美しさです。
雨に濡れた紫陽花は色が一層冴えて目にも鮮やかに映ります。
花びらや葉に宿る雨の雫と光の創りだす光景にドラマを感じますね^^



表面張力の頑張りで、今にもこぼれそうな雫の輝きを見るとついつい撮ってしまいます^^
そのステキなシーンに出会うために傘をさして撮影に出かけてしまう程、
雨の紫陽花は本当にステキですね。


近くに寄って見ると、微妙な色合いのグラデーションと繊細な小さな雨粒がいっぱいです。
まるで宇宙の様だと見とれながらシャッターを切りました。
ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙を思い出します。


そんな宇宙も身近にあるグラスに入れてテーブルに飾ると涼しさを演出できます。
テーブルの上に自分だけの小宇宙があるなんてロマンティック☆


同じ紫の紫陽花でも色合いで全く異なるイメージです。

紫陽花の花びらに見える部分は、じつはガクが変形したもので「装飾花」と呼ばれています。
真ん中の小さい部分が花なのです。上の写真は咲いている紫陽花。

 

こちらの紫陽花は、中央が固く小さくなっているつぼみの状態なのです。
どちらにもそれぞれの良さがありますね^^

今が一番の見ごろですが、季節を重ねながら色合いを変えていく紫陽花は、
秋の少し醒めたアンティークな色合いも素敵ですし、
冬や春には立ち枯れたブラウンの紫陽花の渋さもいいものです。

北海道の短い夏から四季折々その時々を愉しみたいものですね♪

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポ, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

小さなお花でも大きな癒しのパワーがあります。

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
よさこい札幌まつり、札幌まつり(北海道神宮例大祭)が終ると札幌にも夏がやってきます。
日増しに木々の緑も濃さを増し、バラや紫陽花が咲き始める6月、7月。
庭のお花を切ってお部屋に飾る小さな花あしらいでも大きなリフレッシュ効果が生まれます。
今日は、気軽に花のある暮らしを楽しんで頂くご提案をお届けします♪ 

 

ホワイトからグリーンのグラデーションのアレンジメントです。
まるで春の緑(Spring Green)から夏の緑(Forest Green)への移り変わりを感じさせてくれるようです。
見ているだけでフレッシュな気分になる花あしらいです。



使っているお花は、メインがトルコキキョウ。
つぼみと咲きかけのものを添えて変化を出しています。
花びらの巻きがとても美しいですね^^


他に、スプレーカーネーション、ホワイトスターを使っていますが、全てつぼみが開いた2番花です。小さくて可憐な花姿と色合いも淡めで優しい印象です。

グリーンはポリシャスと庭から少し切ってきたアイビーを合わせました。

 

引いて撮ると全体の雰囲気はこんな感じです。

これからの季節は特にガラスの器にあしらうことでステム(茎)のグリーンの美しさと清涼感も楽しみたいですね♪

元々、小樽北一硝子でガラスの器にお花を生ける仕事をしていたので、とにかくガラスにお花を組み合わせることが大好きです。

花瓶や花器にこだわらず、家にある生活雑貨にお花を生けると楽しいですね♪
お水が入るものならどんな物も花器にすることが出来ます。

私のライフワークでもある雑貨屋さん廻りは花器探しと言っても過言ではありません^^

 

はい^^ こんなに小さなグラスもOKです♪

メジャーで計ってみたところ、高さ6㎝、直径3.5㎝と手のひらサイズの可愛らしさです。
形はパフェグラスのようですから、今度、この器でミニミニパフェでも作ってみようかしら^^

ということで、今日ご紹介した花あしらいは高さが10㎝足らずの小さなアレンジメントだったのですね。
最初の写真だけを見ているとそんな風に感じなかったかもしれませんね♪

 

どんなに小さなお花でも、お部屋にあると無いとでは空気感が違います。
風水的にもお花を飾ることは開運行動になりますので、是非取り入れてみて下さい♪

お家の中でも楽しみつつ、短い北海道の花の季節のアウトドアライフも楽しみたいですね。

森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポ, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

家サポセミナー『花風水アレンジメントレッスン』ご報告




ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
街中ライラックの花が咲き、大通公園でも29日まで『さっぽろライラックまつり』を開催中。
短い北海道の花の時期が通り過ぎて行きます。
お庭でも、お家でもお花を愉しんで頂けるように先日開催された『花風水アレンジメントレッスン』今日は、その模様をお知らせいたします。

今年2016年は、二黒土星の年。
土の気質の年は、その名の通りに土がラッキーアイテムになりますので、花器は陶器製です。
形もどっしりと底面積の拾い物でグラウンディング(地に愛の付いた)イメージに。

風水の開運行動、開運アイテムについてレクチャーをさせて頂いた後に、
それぞれ自由にアレンジメントを楽しんで頂きました。

今回、お使い頂いたお花は、初夏を感じさせる爽やかな配色にしました。

メインのクリーム色のバラのまぁるいフォルムは風水的に角のないものが吉とされていることに由来しています。

グリーンのスプレーカーネーションのライムグリーンは、リフレッシュ感を高め、これから夏本番へ向けて色を増す自然を感じさせてくれます。
風水ではグリーンはいつだってラッキーカラーです。人間関係も円滑にしてくれます。

ピンクのスイートピーは優しいフリル感と相まって愛情運を高めてくれます。

星形の水色のお花はブルースター☆
陰陽五行のバランスを整える働きを担い、空と海のブルーで心を平和に導きます。

 

お花を行け終ると、皆さん思い思いにスマホやデジタルカメラでの撮影会♪
土屋ホーム西モデルハウスは、光に溢れたお洒落な撮影スポットがいっぱいなので、
色々な場所での撮影も楽しんで頂きました♪

 

ちょっとした撮影ポイントのレクチャーもお伝えして、明るくステキな写真が撮れたようです^^
スマホでもコンデジでも、少し気を配るだけで仕上がりが変わることに驚かれていました♪

 

撮影会の後には作品を囲んでのティータイムを♪
落としたコーヒーとお花の香りにも癒されるひとときです。
おしゃべりにも花が咲いて和やかな佳い氣が流れる、正に開運の時間です。


記念撮影。
写真からも佳い氣を感じて頂けると思います。

皆さま、ご自宅にアレンジメントをお持ち帰りになり、ご家族も癒されました♪
御帰宅後『家でも癒され、優しいアレンジで運も上がりそう です^^』と嬉しいお声も頂きました。
ありがとうございます。 ご参加頂き心から感謝致します。

お花を生けること、飾ることで氣の流れも良くなり運気が上がります。
更に、お花を飾ると美肌効果もあるので、正に運気もお肌もリフトアップするのですね^^
是非、暮らしにお花を取り入れて頂きたいと思います。


森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポセミナー, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

春の空色を思わせるブルースターの魅力

ごきげんよう^^ フローラルカラーセラピスト森理恵です。
いよいよ5月♪ 桜も見ごろのゴールデンウィークとなりました。
時折、風が冷たい時もありますが、すっかり春らしさを感じられる今日この頃です。
春の明るい空の色が、気持ちを整えてくれるようです。
今日は、そんな春の空を思わせるお花ブルースターのご紹介です。


ブルースターと言う名のの通りに、5枚の花びらがまるで星のように見えます。
和名は瑠璃唐綿(ルリトウワタ)といいます。
英語では「Tweedia」や「Southern star」と呼ばれています。
学名では「オキシペタルム」ともいいます。

ブルースター 名前の由来
英名の「Oxypetalum」は、ギリシャ語で鋭いことを意味する「oxys」と花びらを意味する「petalon」が合わさったものです。
また、coeruleumは英語のセルリアンに当たり、空色の花色にちなみます。また、その花色から、「瑠璃唐綿」という和名が付けられました。
また、5弁の花が星の姿と重なることから、日本に伝わってきた当初から「ブルースター」と呼ばれています。

出産祝いにもおススメのブルースター
ブルースターの淡いブルーはベビーブルーと呼ばれ、海外では男の子のラッキーカラーとされています。 そこから、出産祝いにブルースターの花束がプレゼントされることが多いそうです。


幸せのサムシングブルー
「幸福な愛」の花言葉の由来にもなっている、「サムシングブルー」という欧米の習慣から、花嫁のブーケに入れ込まれることが多いです。
柔らかな風合い、優しい花色が他の植物との相性もよいことも人気の理由のようです。


幸せな結婚のためのSomething Four
ご存知の方も多いと思いますが、西洋では、花嫁が結婚式で以下の4つのものを身につけると生涯幸福な結婚生活が送られるという言い伝えがあります。

・「Something Old(なにか古いもの)」(祖先からの経済的安定・豊かさを引き継ぐ)

・「Something New(なにか新しいもの)」(新しい人生の第一歩、未来へ踏み出す)

・「Something Borrow(なにか借りたもの)」(幸せな結婚生活を送っている人の幸せにあやかる)

・「Something Blue(なにか青いもの)」(青は誠実をあらわし、純潔の象徴)

 


ブルースターの花言葉

『信じ合う心』
『幸福な愛』
『星の精』
『早すぎた恋』
『身を切る想い』

「幸福な愛」という花言葉は、上述の「サムシングブルー」という結婚式で花嫁が何か1つ青いものを身につけると幸せになれる欧米の古い風習にちなんでいますね。

また、「信じ合う心」は、ブルーと言う色が聖母マリアのシンボルカラー(マリア様のマントの色)であり、つつましさや誠実を表す色であることに由来しています。


優しい春の空の様なブルーを見ていると心も穏やかになりますね。
また、雲の切れ間から覗く希望の空の色とも言われ、方向性を見つけることをサポートしてくれるのがブルースターです。

心に平和をもたらし、自分の進む道を照らしてくれる…そんなイメージのブルースターを是非飾ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 


家サポ暮らしアップレッスンを開催します!
暮らしにお花を取り入れる花風水アレンジレッスン


5月19日(木)10:30~12:00

土屋ホーム札幌西モデルハウスにて
詳細は下記URLをクリックして下さい。

http://www.tsuchiya-iesapo.jp/blog/?author=7


森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: イベント・セミナー, 家サポセミナー, 暮らしアップデザイン, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク