「おもてなしハーブクッキング」


「おもてなしハーブクッキング」


写真 ハーブ庭

120年ぶりの連続真夏日があった7月ですが
その後は北海道らしい気候に落ち着き8月に入りました。

我が家ではあまりの暑さに庭のハーブや樹木はびっくりしてしまい
弱り傷んでしまいました。
ばっさりとサマーカットをして
リカバリーしてもらっていますが
みなさんのお庭の植物たちはたい丈夫でしたか?

8月は夏休みやお盆など人が移動し来客が増えて
キッチンでおもてなしのお料理を作る機会がふえますね。
そんなときに簡単で見栄えがするハーブ料理を
ご紹介します。

アクアパッツア風の鍋料理です。

鍋料理といってもぐつぐつコンロで火をつけながらではなく
さめてもおいしいのでキッチンで火を通し、出来上がったら
お鍋ごとテーブルにお出しできるもの。


写真 材料

道の駅や直売所で新鮮な魚介やお野菜を買う機会が増えるこの時期には
とても重宝します。

ソイなどのお魚、
ヘラがに、甘エビなどの魚介や
ズッキーニ、きのこ、パプリカ、トマト、玉ねぎ、にんにく
レモンなどの他
バジル、フェンネル、イタリアンパセリ、しそ、セロリなど
入手できるハーブを用意します。
(バジルなどは道の駅や直売所でも販売されています)


写真 ソイ調理

ソイはウロコト内臓、えらを取り出して洗い
塩を振っておきます。
たっぷりのグレープシードオイル、または
オリーブオイルをニンニクと一緒に
ソイの表面を焼いていきます。


写真 調理1

焼いているソイの周りに半分にカットしたヘラガニや
エビ、食べやすい大きさにカットした新鮮野菜を入れて
ソイが隠れる程度のお水を足して
ふたをして蒸し煮します。


写真 調理2

数分むらして野菜がしんなりしてきたらたくさんのハーブと
大きめにカットしたレモンを加えて
ふたをしてさらに蒸し煮します。

この時味を確かめましょう。
魚介やハーブ、野菜からのうまみと塩味がでているのですが
もし薄いようであれば
お好みでお塩、こしょうや和風だし、洋風だし、などを
加えます。


写真 調理3

魚介にしっかり火が通ればOKです。
野菜の歯ごたえが残っている方が食べやすく見た目も崩れにくくなります。
味付けは

お鍋は大きく広い間口のものがよいです。
すき焼きなどをするお鍋がよさそうですね。


写真 ソイ盛り付け

お魚がお鍋のしたになっていて見えない場合は
取り出して別盛りにしてもよいですね。

あとはテーブルを囲んでみんなでお野菜やカニを取り分けて
残ったスープで煮込んだ春雨は絶品ですよ。


写真 ハーブ教室

このレシピは土屋ホーム北24条モデルハウス会場で
毎月1度開催されているハーブ教室で
みなさんと楽しみました。

ぜひお試しくださいね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「初夏のハーブしこみしごと」

「初夏のハーブしこみしごと」

札幌にもいよいよ夏がやってきましたね。
気温が低めですごしやすかった6月から一転、暑い日が続き
庭の花やハーブたちがぐんぐんと空に向かって成長中です。

今回は初夏に楽しむハーブしこみ仕事をいくつか紹介しますね。


写真 バラのある風景

バラのシーズンも始まりいい香りをふりまいて咲き誇る姿は
毎年の楽しみになっています。

せっかくの香りを残しておきたい、、、
そんな方におすすめはバラのモイストポプリです。


写真 モイストポプリ

ポプリ、というと乾燥したもののイメージが強いかと思いますが
「モイスト=湿った」ポプリというのもあります。

お塩と一緒に漬けこむとお塩が水分と香りを吸収して香りを
保存してくれるんです。


写真 作業工程

無農薬で育てた香りのよいバラの花びらをできれば午前中の
早い時間に摘み取り
花びらをほぐしてお塩~花びら~と何層にも瓶につめていきます。

数日経つとお塩がしっとりしてきます。
香りを楽しむ時だけふたを開けます。

凝縮された香りにきっと驚かれると思います。
時間がたつと花びらの色は褪せてきますが

香りは残るので
お風呂に入れたり角質マッサージに使ったり、
いろいろな利用方法がありますよ。


写真 ハーブ塩

同じ原理でハーブ塩調味料を作ることもできます。
お塩にハーブの香りを移して、そのお塩をお料理に使います。


写真 材料ハーブ

使うハーブはお好みで。
バジル、チャイブ(花)、イタリアンパセリ、フェンネル、ディル、ローズマリー、
セージ、しそなど単品でもブレンドでもOKです。

数日経つとお塩にうっすら香りが移ります。
たくさんハーブを入れれば香りも濃くなります。

グリルしたお肉や魚介類、サラダにパラパラとかけて
楽しんでくださいね。

お庭にあるお花を食卓で楽しむことができるのも
今時期ならでは。


写真 ハニーサックル

ハニーサックルのお花は夕方になってからのほうが香りが強くなる
不思議なお花です。
花が咲ききる前のつぼみの時に摘み取っておひたしにして食べると
ふんわりお花の香りが楽しめます。

料理を盛り付けたお皿にお花を飾れば
食事がさらに楽しくなりそうです。


写真 ヤグルマギク

紅茶などにブレンドされ販売されているヤグルマギクも
れっきとしたハーブ。
北海道では1年草扱いですがこぼれ種が翌年発芽する丈夫な植物で
コーンフラワーとも呼ばれています。

お花には収斂、利尿、強壮作用があります。
エディブルフラワーとして利用したり
乾燥させて紅茶とブレンドして
ゆったりティータイムを楽しむのもいいですね。

生命力をたっぷり蓄えている初夏のハーブたちを
ふだんの暮らしの中にどんどん取り入れて
短い北国の夏を満喫したいですね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

「フレッシュなハーブやお花で彩りと香りを」


「フレッシュなハーブやお花で彩りと香りを」

 
 
週末ごとに雨が降り
一桁気温かと思えば翌日には夏日、
そんな不安定な気候が続いていますが
体調を崩されてはいませんか?
 
気温差は思っている以上に心身にストレスとなり
免疫力が下がります。
体温が一度下がると免疫力は30%も下がるといわれていますので
身体の深部を冷やさないように
気をつけたいですね。
 
今回は庭や鉢植えで楽しめる
お花やハーブを摘み取って楽しむレシピをご紹介しますね。
 

パンケーキをお花やハーブでデコレーションしてみましょう。
 
食べられるお花のことを
エディブルフラワーといいます。
ナスタチウムや金魚草、ビオラ、カレンデュラ、
サルビア類のお花など、食べられるお花は身近なところに
たくさんあります。
 
無農薬で育てているものを使います。
お花屋さんで購入してきた苗は植えかえて2週間位経ってから
つかいましょう。
 
食べられないお花もあります。
すずらん、ジキタリス、オダマキ、デルフィニウムなどです。
 
季節のフルーツや生クリームなどと一緒に
パンケーキを飾れば
友人を招いて自宅でカフェ気分を楽しめますね。

 

パンケーキを裏返す直前に
お花やハーブを張り付けて、、、、、


数分焼くとこんな感じになりますよ。
 
お子さんと一緒に楽しめそうですね。
 
 
こちらは地物のイチゴがでまわってきたので
氷砂糖とイチゴとお酢で
ビネガーシロップを仕込んでいるところです。
 
お酢はりんご酢を使うとつんとしたクセが少なく仕上がります。
氷砂糖の量はお好みですが
目安は容器の4~5分の1くらいの高さ分です。
 
 
ここにお好みでハーブを入れると
果物とハーブの香りがブレンドされて
とても美味しいビネガーシロップができあがるのでおすすめです。
 
このシロップは浅漬けをつける素としても使えて
大変便利です。
 
 
イチゴに合うハーブは
ミント、レモンバーベナ、バジルなど
 
柑橘系で作る時は
フェンネルやローズマリーもよくあいます。
 
お酢ではなく焼酎で作ればおいしい食前酒になりますね。
体調管理に向く効能も取り入れたければ
シナモンスティックやスターアニス、カルダモンなども
加えると薬用酒のようになります。
 
いろいろ試してみてくださいね。
 
 
イチゴビネガーはワインのような色合いのドリンクになります。
 
疲労回復効果がいっぱいのお酢を
美味しく摂取してこれからの夏の暑い季節を乗り越えたいですね。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク

三島さん家の芝桜と菜の花

ごきげんよう。 フローラルカラーセラピスト森理恵です。

早いもので6月。
2017年も残り半分近くになりました。

上半期もあと1ヶ月ですので、再度計画を練り直し、自分らしく輝けるようにしたいものです。
左脳の働きを活性化させ、計画力を高めてくれるイエローの菜の花をお届けしたします。

雨に濡れた菜の花。
北海道倶知安町の三島さん家の芝桜庭園での1枚です。

この日は、天気予報が終日雨…とは言え、かなり前から行くことを楽しみにしており、美味しいと評判のレストランに予約をしていたこともあり、行く気満々で出発!
「1日雨模様とは言いながら、ちゃんと晴れちゃったりするはず^^」位に思いながら。

車の窓越しの景色。
雨粒いっぱい…グレーの空が広がっています。
でも、右側(進行方向)にうっすら青空がのぞいています。

現場到着時には、まだ雨が降っていて、芝桜の色も鮮やかには見えませんでした。
雨に打たれた芝桜は、花びら同士がくっ付いていたので、なお更です。
でも、上の方の雲の切れ間から光が射してきています!

反対側の羊蹄山(蝦夷富士)の方も雲が晴れて来ました。
山の天気は変わりやすいと言いますが、本当に見る間に雲が動いていきました。
それと共に、芝桜の色もハッキリ見える様になってきています。

少し移動して、菜の花越しに見る羊蹄山。
青空が顔を出し、色も濃くなり…陽射しを感じる様になってきました。
このままスッキリ晴れてくれるに違いない!! とワクワクしながら写真を撮っていました。

数分後、こんなに美しい青空を背にした羊蹄山を見ることが出来ました!!
芝桜と菜の花、青空のコントラストが眩しいほどです。

この雄大な景色を待つ間には、

エゾリスが出てきてくれたり^^♪
三島さん曰く「家の中に入っておやつ食べて行くんだよ^^」と言う程人慣れしています。

こんな雨粒を夢中で撮ったり♪

菜の花を撮ったり♪

雨上がりの涼しげな空気と一緒に♪


菜の花の花言葉

「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」「快活」「活発」「元気いっぱい」「豊かさ、財産」

この中から選ぶとしたら、「小さな幸せ」がピッタリくる1日だったような気がします。
小さな幸せが集まれば、大きな幸せになるということを雄大な自然が教えてくれた日でした。

花も自然も全てが教師。


森理恵プロフィール


フローラルカラーセラピスト 森理恵

フローラルカラーセラピスト 森理恵 の紹介

札幌で花とカラーのスクール&サロン アトリエ FLORET R(フローレアール)を主宰。花とカラーで癒しと気づきのカウンセリングをするフローラルカラーセラピスト。 自分で撮影した花や風景の写真に気づきのことばを添えるフォトエッセイストとしても活躍する。インターネットTVのUSTREAM ASIA公認スタジオ「SAPPORO SOUND」のMCを担当する傍ら、道内各地で講演をしている。オーラソーマ風水によるインテリアアドバイスも手掛ける。小樽市出身札幌市在住。 ホームページ http://www.floret-r.com   ブログ http://ameblo.jp/floret8716/
カテゴリー: 家サポ, 花と色彩で創る素敵な暮らし   パーマリンク

「さあ、植えよう。おすすめのハーブ」


「さあ、植えよう。おすすめのハーブ」

札幌にも桜の季節がきました。
今年は開花時には25度近くまで暖かくなり
穏やかなお花見を楽しんだ方もたくさんいらっしゃいますね。

うぐいすも鳴き始めて
いよいよガーデニングのシーズン到来です。
園芸店にはたくさんの花苗、ハーブ苗、野菜苗が並び始めました。

今回はぜひ、植えて香りや姿、風味を味わってほしいハーブたちを
紹介します。
あまり知られていないものもあるので
参考になればと思います。


エッセンシャルオイルでおなじみのマヌカです。
殺菌効果が高く
免疫力を高め呼吸器系の炎症を抑えるといわれています。

そんなエッセンシャルオイルの原料となるのはマヌカの
枝葉です。
エッセンシャルオイルがどんな植物から抽出されているのか、
実物を知ることはとても大切ですね。

ニュージーランド原産なので北海道では越冬できません。
我が家では鉢植えにして冬の間は室内の日暖房の部屋に置き
休眠させています。
この写真は今年の5月になってからつぼみをつけ始め
GW中に咲いたもの。

しばらく楽しめそうです。


ハーブゼラニウムの一つ、アップルゼラニウムは
メロンジュースのような甘くやさしい香りがして
葉がつるつるの触感です。
ハーブの魅力は実際に触って、手に移った香りを嗅げることです。
花も葉もアイスクリームやデザートに添えたり、
食卓でも楽しめますね。

越冬はできませんので
1年楽しんで終わるか、
または鉢植えにして室内で楽しむかですが
室内での管理も楽なハーブなので、ぜひとりこんでほしいと思います。
花のあとに細長い種ができます。
土に埋めておくと簡単に発芽するので増やす楽しみもありますよ。

ドーム状に育ち形もまとまりやすいです。


ラベンダーにはアルバ種の白い花もあります。
最近は園芸店でも苗をみかけるようになりました。
越冬できるものとできないものがあるので
地植えにして越冬させたい場合はラベルや園芸店で
確認しましょう。
香りは甘くやわらかいです。


写真 レモンバーベナ

このハーブの葉の香りを嗅いだ方はほとんど笑顔になります。

レモンの強い香りがして
とても人気の高いハーブです。
ガーデニングに自信がない方は
12~14センチポット苗の、すこし大きめの苗を選び
茎が木質化しているしっかりした鉢苗を購入すると安心です。

残念ながら北海道では越冬できない品種です。
我が家では6年目の越冬鉢で自分の背丈くらいにまで
大きな樹木になっています。

ここまで大きくなると
葉もどんどん成長するので使い放題です。

麦茶ポットに冷水用麦茶と一緒にレモンバーベナの葉を一握りいれて
冷蔵庫で1時間くらい置くと
美味しいレモンバーベナ麦茶が出来上がります。

お魚やお肉のホイル焼きにもレモン代わりに使えます。

柑橘系のアレルギーがある方はご注意ください。


写真 コバルトセージ

紺色に近い青花が咲く品種で宿根草です。
花期は遅めなので秋に向けて楽しむハーブでとても丈夫です。


写真 ニゲラ

写真は白花ですが他にも、ピンク系、ブルー系などがあり
花の大きさや作りもちがう品種もあります。

苗でも購入できますが種からでも容易に育てられるハーブです。

我が家では
こぼれた種が翌春に芽ぶき楽しませてくれています。

花が終わった後にできる紙風船のような種袋もおもしろく
種は指でこするとバニラのような甘い香りがしますよ。


北海道では冬の氷点下に耐えられない植物がいろいろあり
1年草として植栽する苗が多いのが難点ですが

花期の短い宿根草だけで
庭の花をシーズン中、花期がとぎれないよう常にお花が咲いているように
管理するのは難しいものです。

最近は花期が長く、色とりどりの花を楽しめる1年草が
再び見直されてきています。

冬の真っ白な季節を約半年過ごすわけですから
色のきれいな花たちへの愛着はひとしおですね。

色とともにぜひ香りも一緒に楽しめるハーブ、
植えてみてくださいね。

たくさんのハーブの苗が揃う
えこりん村のなかにあるガーデンセンター花の牧場で
わたくし狩野が
ハーブコンシェルジュとして店頭にでている日があります。

気になることや
育て方、使い方などみなさまの疑問にお答えしながら
ハーブの魅力をお伝えしていますので
興味のあるかたはぜひ足をお運びいただき
ハーブ話ができるとうれしいです。

5月は15日、21日、27日、
6月は1~4日、10日、11日、24日が
ハーブコンシェルジュの予定日です。

このほかにも楽しいハーブ講座、クッキング講座も
ご用意していますので
詳細は

かりのあさのホームページ

http://karino-herb.com

ガーデンセンター花の牧場ホームページ

http://www.hananomakiba.com

にて
ご確認ください。


ハーブ研究家 かりのあさの

ハーブ研究家 かりのあさの の紹介

ハーブ研究家 日本園芸協会 ハーブコーディネーター/JAIS認定 ハーブ学習指導員 AEAJアロマテラピーアドバイザー/グリーンエプロンズ代表 ガーデニング、料理、アロマなどを通して、ハーブのある暮らしの魅力を発信しています。 道内各地での講習会、ガーデン監修、雑誌、ネットサイト掲載や、みどりのまちづくりなど幅広く活動中です。 ホームページ  http://karino-herb.com
カテゴリー: ハーブライフ・暮らしのデザイン, 家サポ   パーマリンク